シュタール・エミール その7

シュタール・エミール、年を挟んでちまちまと塗装しております。完成までもう少しかかりそうです。
20080104-01.jpg 20080104-02.jpg
デカール貼り、フィルタリングもどき、ドライブラシも終わり、装備品関係を残すのみとなってます。早く形にしたいです・・・・。
デカールは、化学防護車と同じ特徴でした(メーカーも一緒だし)。マークソフター、マークセッターを駆使して定着させてます。砲弾ラック等に貼り付ける番号もデカールで用意されていますが、どこに貼るかという指定が説明図にありません。WEB上の完成品、本の作例を見てなんとか貼り終えました。この辺非常に不親切ですねぇ。
デカールを保護するため3/4つや消しクリアーを吹いて、フィルタリングもどきをしました。油彩の白やらオーカーやらグリーンやらをちょんちょんと置いてペトロールで伸ばしていきます。一気に情報量が増えてどっしりとした感じになりました。このフィルタリングもどき、M26パーシング以来4年ぶりに行いました。いかにここ数年作ってなかったかがわかりますなぁ(^^ゞ
ドライブラシは2段階、ハンブロールで行ってます。装備品の塗りわけもハンブロール。ほんと装備品塗るのにハンブロールはもってこいです。なんといっても、完全乾燥するとエナメルなのにエナメルシンナーに侵されないっていう点がいいですね。タミヤエナメルだと乾燥していても、エナメルシンナーで吹くと塗料が落ちる。ウォッシングもドライブラシも上からできて非常に使いやすいハンブロール。多少高くても、売っているところが少なくても(わたしはアクセルワークで買ってます)これ以外、もう使えません(^.^)
砲弾の塗装にメタルカラーのブラスを始めて使ってみました。塗装後少しだけこすってから半光沢クリアーを吹いたら望み通りのできになりました。
フィギュアは99%完成しました。久々のわりには満足のできる出来で喜んでおります(^.^)
20080104-03.jpg
ほとんどをセラムコート、勲章やベルト等の細かい塗りわけをハンブロールで行ってます。どアップにするとかなり粗が出て恥ずかしいですが、遠目にはまずまずいい感じに見えますのでこれで良しとしましょう。
さて、最後の追い込みです。あとはウェザリングを残すのみ。もう一息、気を抜かずに完成させましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です