LAV-25 その1

気がつけば、ストライカー、チェンタウロ、M1078、96式8輪装甲車、LAV-25と5つもタイヤもの、しかも全部トラペッターキットで在庫を抱えていました(^.^)
現用ものでタイヤものの精力的に発売しているのがトランペッターなので、仕方の無いところでありますが。
5つもあると、1つは手を付けたくなるのがモデラーというもの。作りかけがいっぱいあるというのに、キットのシュリンクをやぶってしまいました。

で、まずは足回りを製作。
001_20110116002954.jpg
ぶっちゃけ、全輪きれいに接地させることはできませんでした。なにせ、トランペッターのキットはプラがやわらかすぎて、無理が利かず、調整しにくいんですよ。
合いも微妙に悪いし、無理に嵌めようとしたり、流し込み系の接着剤を付けすぎるとテンションがかかっているところはすぐに割れてしまう・・・・。
まぁ、あとベースにビスで取り付けるときに何とかしようと思っております(^_^;)

レジェンドモデルのレジン製タイヤを用意してたんですが、どうも合わないので使わないことにしました。
あとは、ディテールアップパーツとして、RBモデルのLAV用アンテナ基部、LAV-25 ピラニア用金属砲身、ライオンロアのエッチングとフルで揃えていますが、果たして使いこなせるかどうか・・・(^_^;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です