シナンジュ・スタイン その2

塗装派で完成後は基本的に動かすことはないわたしは、エモーションマニュピレーターが嫌いです。
だって、指を動かすたんびに塗装がはげるんですもの。前回製作したリック・ディアスも武器っ持ち替えるたびに塗装が・・・・。
それに指のパーツが小さくて多いので、パーティングライン消すのも重労働。
シナンジュ・スタインにはさらにすべての指の関節が可動するエモーションマニュピレーターSPなどというものが。
ディテールはすごいし、可動もすごいし、バンダイスゲーなんだけど、もろい気がする。実際、ゲートからの切り離しのとき指がもげた(^_^;)
塗装したら、動かすのに気を使うし、色剥げたらムカつくので、何か代わりのものないかな・・・・と思って、買ってきたのがガンダムビルダーズパーツの「MSハンド01」。

03
ビルダーツパーツはディテールが過剰なので、スジボリ等は埋めました。でないと手だけ浮く感じになりますからね。

04
本来の手なら、武器と手のひらにあるピンでがっちり固定できるのですが、これはそういうわけにはいきません。そこで1mm真鍮線にて、固定する方法を取りました。

ということで、パーツの表面処理すべて終了。次はサフ吹きですが・・・・さすがはMG、パーツ多いよねぇ。いつから取り掛かろうかな(^_^;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です