ガンダムAGE-1 その4

完成間近でやらかしました・・・・・・。

パーツを左右逆に接着してしまうという初歩的なミスを犯し、リカバリー不可能・・・・・。
今年一発目の更新が失敗の報告とは思わなかった(^_^;)

しかし・・・・失敗も明日への糧としなければ、ずっとヘタレのままになっていまいますので、気を取り直して製作中で放棄されてるGMと61式戦車をに取り掛かりたいと思います。

完成目標はGWまでに・・・・。いけるかな?(^.^)

ガンダムAGE-1 その3

シナンジュ・スタインも完成しましたので、次はAGE-1を仕上げるべくがんばっております。
相変わらず、家族が寝静まった夜中しか作業できませんが、牛の歩みのごとく進んでいます。

すべてのパーツは処理を完了。サフ吹きも終わり、本塗装開始。
008
ホビーサイトはフルアーマーガンダムのグリーンで塗装していましたが、こちらはブルー主体で。
たしか・・・フルアーマーガンダムはブルーverもあったような・・・(^.^)

年内に完成させたいなぁ(^.^)

ガンダムAGE-1 その2

バックパックの次は足。AGE-1にフルアーマーガンダムのパーツをかぶせていきます。

AGE-1のH-7、8パーツを外してフルアーマーガンダムの外装をはさみ込めます。そのほかのパーツは塗装後に接着。
005
そのままかぶせても接着面積があまりないので、0.3mmプラ板で微調整。このあたりは、パーツをかぶせながらあーでもないこーでもないと調製しました(^.^)

006
サイドのバーニアも基部のピンをカットして塗装後に接着します。

007
下腕部はフルアーマーガンダムのパーツに換装。これが意外なほどにぴったりはまる(^.^)

サイトでは簡単に書いてましたけど、結構調整が難しい・・・・。テクニックがないから大変ですわ(^_^;)

ガンダムAGE-1 その1

バンダイホビーサイトのガンプラ製作リポート内のとある作例に目が留まりました。それは、ミキシングビルドででっかいキャノンを装備したガンダムでした。

そのガンダムとは・・・・・
12_a03
ガンダムAGE-1 フルアーマータイプ

でっかいキャノンが男らしい。重武装と追加装甲もなかなか決まってる。しかも簡単に作れそうなので、わたしのつたないスキルでも何とかなるかも。
ということで、こいつを作ることに決定。さっそく、こんな機会がなければ一生買うことはなかったであろう、MGのAGE-1ノーマルとフルアーマーガンダムを格安で入手。
キャノンと武装用にMGデュエルガンダムとウィングガンダムゼロのパーツ注文し、店頭在庫から消えているフルアーマーガンダム用のガンダムデカールもヤフオクで落札。

パーツもそろったので早速製作開始(^.^)

バックパックはフルアーマー用を背負わせますので、そのあたりの作業を行います。
001  002
AGE-1とフルアーマーガンダムの取り付けピン(左図の赤丸)をカットします。それだけではフィットしないので、AGE-1側を1.5mm程度削っておきます。
フルアーマーガンダムのバックパック外装の出っ張りをAGE1の襟部にあるくぼみ(右図の赤丸に合わせて整えるとさらに合わせやすくなってよろしいかと。

キャノンはフルアーマーのを使わずにデュエルガンダムのレールがんを使用します。
003
フルアーマーガンダムのバックパックに取り付けられるように加工します。フルアーマーガンダムのP-3パーツを1部カット、さらにP-17パーツのキャノン取り付け基部を切り離して加工し(頭の四角囲み)、この2つをがっちり接着。

004
前述で製作したパーツをレールキャノン基部にはめ込み接着します。負荷がかかる部分なので真鍮線等で補強するのをお勧めします。
わたしは隙間に0.3mmのプラ板を差込み接着面積を大きくしてがっちり固定しました。

さぁ・・・いつ完成するかな? パーツ処理だけはすぐ終わりそうな気もするけど、塗装込みになるといつになることやら・・・・。

今年中に完成できるといいなぁ(^_^;)