EBR-10 その3

パーツも少なく簡単に組みあがりそうという理由でこのキットを選んだのに、実際に組みあがるになんと3年もかかっているという・・・・(^_^;)

年末位にやっと塗装前の洗浄まで済ませました。後はサフ吹いて一気に・・・と行きたいところですが、まぁ、あれやこれやありますので完成はまだまだ先になりそう。

01 02
ネット上で検索したところ、アンテナはこんな風にピンと立ってなくて、後方にワイヤーで引っ張られて固定されているみたいですが、再現するのはめんどくさそうなのでやめておきました(^_^;)
タイヤの固定ピンがあまりにも短かったので、真鍮線で作り直し。その際にトレッドも広げています。
ペリスコープの中のパーツがなくて、丸見えになってたので、プラ棒を適当に切って貼り付けておきました。

プラも適度に硬くて、それなりにカチッと決まりますが・・・・なんか微妙・・・・。まぁ特徴はよく捕らえているとは思いますがね(^_^;)

さて、近日中にサフでも吹くかな(^.^)

EBR-10 その2

砲塔は完成したので、車体のほうに取り掛かっております。

002
足回りの組み立ては終わってます。それほとパーツもないのでいいんですが、車輪を取り付けるダボがゆるい上に短いので、このままだと簡単にもげそうな・・・・(^_^;)

フェンダー付け根あたりにめっちゃ小さいエッチングを貼るように指示されていますので、ヘッドルーペを使用してチマチマと。
最初はこんな小さいの無理だろ・・・・と思ってましたが、途中でコツをつかんだので何とか終了。どれだけ細かいかを見てもらうために、シャーペンの替え芯ケースと並べて見ました。
003
前も後ろもチマチマと・・・・・。疲れました(^_^;)

EBR-10 その1

キャタものは現在CV9040Bを製作中。 でもやっぱりタイヤものもちょっと触ってみたい。ということで、パーツが少なそうでよさげな感じのものを在庫から取り出してきたのがこれ。

HB_EBR-10_cover
ホビーボスのEBR-10。こういう変な形のに心打たれるものがありまして、発売されてすぐ買ってそのまま在庫。パーツが少なそうなので、結構あっさり組み立てられるかと思いまして。

パーツが少ない割には定価6,300円もしたりするんですけどね・・・・(^_^;)

足回りを少しやってから、その後砲塔を組み立て。
001
このキットの一番の問題は、ペリスコープ。ペリスコープ自体が再現されていないので、そのままだと筒抜け状態。
そのままだとかっこ悪いので、サイズの合うプラ棒やプラ板で適当に埋めてみました。たぶんと言うか絶対に実物とは違いますが、これは雰囲気重視で(^.^)
手すり等の細いパーツは金属に置き換えず、そのまま使いました。ウォッシング等で折れないことを祈ります・・・・。

車体のほうをこれからやりますかねぇ。年内には塗装前まで持っていけるかな?