M923A1 その6

M923A1の製作も大詰めで、ちまちましたことをやっております。というか、3ヶ月前に後もう少しってところまできてましたからね。
20061112014746.jpg
ヘッドライトとウィンカーのクリアーパーツを貼り付けました。ウィンカーはタミヤのハンビー、ヘッドライトはジャンクパーツから。写真で見るとヘッドライトに黒いテープのようなものが貼ってあるのが確認できるので、これを再現します。0.5mmのマスキングテープを黒く塗ってぺたっと貼り付けました。
グリルについてある赤いプレートも作りました。0.14mmのプラ板を短冊に切って赤く塗り、エナメルのフラットイエローで文字を書きました。近くで見ると文字がガタガタなのがはずかしい・・・。
あと少しウェザリングすれば完成です。今年2個目の完成品になりそう。それにしても、完成までに時間かかりすぎです。1年半は余裕でかかってるかもしれないなぁ。

M923A1 その5

そろそろ最終段階。AFVはこれが一番楽しいかもしれないウェザリングです。
m923.jpg
写真で見るとあまり代わり映えしないかもしれませんけど、それなりに汚し入ってます(^^ゞ
足回りは、タミヤアクリルのフラットアースとミディアムグレーを混ぜて薄めて吹いて、全体はこれまたアクリルのバフをさーーーっと。タイヤはウェザリングパステルのサンドとライトブラウンをアクリル溶剤で溶いてペタペタ。要所要所の汚れに、ガンダムウェザリングマーカーとタミヤのウェザリングスティックを水で溶いて塗ってふき取り・・・。と、新アイテムを使ってできるだけお気軽に仕上げようと思ってます。
足回りの汚しの目処がついたので、タイヤを接着。一気にトラックらしくなりました。やはりかっこいいですねぇ。早く仕上げたいことろですが、最後に焦るとろくなことないので、じっくりいこうかな。

M923A1 その4


ウォッシング完了! ハンブロ-ルのフラットブラックをペトローるでシャバしゃばになるまで薄めて、筆で薄く塗っていきます。乾ききらないうちに、ペトロールを含ませた筆で拭き取っていきます。
今回は、すでにクリアーパーツを貼り付けていることもあり、エアブラシで吹き付けてウォッシングができないので筆塗りにしました。
あっさり目にウォッシングを終わらせて、次はドライブラシ。これもかるーーくくどくない程度に施します。そろそろ、完成が見えてきました。気を抜かずにフィニッシュを迎えたいもんです。

M923A1 その3

20060524003145.jpg
NATO迷彩塗装完了! 残り2色を吹き終えました。各色ホワイトを入れて明度を上げてあります。2年ぶりの迷彩塗装ですが、なかなかうまくったのではないかと思ってます(^^ゞ 
M923A1って意外と資料が少なく、迷彩をどのように吹き付けてあるのかぜんぜん分からなかったです。結局参考にしたのは、ググって見つけた海外の方の作例でした。
ウォッシングができれば、迷彩をなじませて落ち着かせることができるんですが・・・。それは無理っぽいので、何か他の方法でやってみようと思います。
それにしても、タイヤものはいいっすなぁ(^.^) 

M923A1 その2

NATO迷彩のグリーン吹き付け完了。クレオスの3色セットを使いました。かなり明度を落としてます。ちょっとくすんだ感じになってしまいました。なんとなく自衛隊色みたい・・・。
20060514030114.jpg
今回は少し暗めで落ち着いた感じにしようと考えたので、まずまず思い通りの仕上がりかな。なぜか暗めかというと、ウォッシングできないから。マスキングしていてもクリアーパーツに浸透しますからね。その辺はちゃんと考えてます(^.^)

M923A1 その1

ちょうど1年放置していたイタレリのM923A1も製作再開です。オードナンスのレジンタイヤ、エデュアルドのエッチングを使ってディテールアップして、下地に黒を吹いたところでSTOPしてました。
下回りの色を吹きました。資料を見ると米軍の車両の下部は、車内の色と同じような明るさのグリーンで塗られているように見えます。そこで、車内色と同じグリーンFS34227にホワイトを混ぜたものをエアブラシにて塗装しました。
20060430002137.jpg
うっすら下地の黒を残すように塗装してあります。ほんと気持ち程度の残してるんですけどね。
久しぶりに塗装しましたけど、やはり楽しいなぁ。工作も好きだけど、こうやって色を乗せていく過程もまたいいものです。次は迷彩塗装。めんどくせぇなぁ(^^ゞ