伝七捕物帳2・第5話「鬼か仏か、屋台騒がす手拭い侍」 撮影小話

無事に放送も終わりましたので、撮影にまつわるお話を少しばかり・・・・(^.^)

今回も役で入りましたので、台詞がほとんどないとはいえ台本がもらえます。エキストラではカツラは当日合わせですが、これも役だと撮影前にカツラ合わせがありまして、自分の頭と役に合うカツラを合わせてもらいます。
そして、そのカツラは自分専用となり、自分の名前が貼られたカツラ台に置かれます。ちなみに今回は手ぬぐいを巻くため、羽二重なしの地毛の上にカツラでしたので、カツラ合わせはものの10分程度で終わりました(^.^)

わたしが出たのは2シーン、夜の辻斬りと朝の見分でした。予定では1日目に夜の辻斬りシーン、2日目の朝一に検分のシーンでしたが、雨天だったため2日目に2シーンまとめて撮ることになりました。

仕切り直しということで、次の日の朝に松竹撮影所に向かうため嵐電に乗り、ふと正面を見ると・・・・そこに普通に螢雪次朗さんがカバン抱えて座っててビックリしました(^.^)
あまりに普通だったので、誰も気がついてないのか・・・・それとも興味がないのか・・・・・そして、松竹撮影所のある帷子ノ辻駅で一緒に降りて、螢雪次朗さんは喫茶店へ入っていきました。
あとで、メイク室でご一緒になり、中村梅雀さんとコーヒー話をしておられました(^.^)

役で入ると楽屋を用意してもらえます。前回は相部屋でしたが、今回は一人で南館の一部屋使わせてもらえました。
001  002
南館2階の楽屋のうちの一部屋を1日占用。贅沢な身分でございます(^.^)
冷蔵庫はあるけどテレビはありません。そんな贅沢なことを言える身分でもありませんし(^.^)

004 005
朝一は死体ですので、死体メイク・・・・といっても、白っぽいドーランを露出している部分に塗りたくるだけ。塗り残しの無いようにに入念に・・・。
そして貴重な衣装をはさみでざくざく切って、血糊をぺたぺた。あまり乾かないようにビニールを肩に乗せられてます。

そして時間が来て、現場の方へ。ここでも役ではいるとエキストラと決定的に違うのが、役と名前で紹介されること。
「捨吉役の○○○○(フルネーム)さんです!!」と紹介される気分のよさといったら、もうこりゃたまらんもんですよ(^.^)

見分のシーンでご一緒だったのが、
中村梅雀さん、螢雪次朗さん、徳重聡さん、上遠野太洸さん でした。

中村梅雀さんは・・・・もうそのままイメージどおり気さくそうで楽しそうな方に見えましたし、仮面ライダー好きのわたしとしては上遠野太洸さんを見て、テンション上がりました(^.^)
螢雪次朗さんは昔から好きな俳優さんでして、なにより牙狼のゴンザと一緒に仕事が出来るなんてもう夢のようでした。

あと、小芝風花さんと現場でお会いしました。挨拶しかしてませんが、もうなんだこれは!!というくらいかわいかったです(^.^)
松平健さんはメイク室で見かけました。さすがは暴れん坊将軍・・・オーラがはんぱ無かったです(^.^)

見分シーンは2時間程度で撮り終わりまして、そのあとは夜になるまでひたすら待ち時間。メイクも落として衣装着替えてひたすら暇をもてあましておりました(^_^;)

006
中村梅雀さん差入れのお菓子。おいしくいただきました(^.^)

007  008
昼休みの松竹撮影所。こっそり2枚だけ撮影(^_^;)

009  010
暇だったので、てくてく歩いて車折神社へ。車折神社と言えば境内社の芸の神社が有名です。わたしも芸能人の端くれですので、ちゃんとお参りしてきました。

003 012
夜の撮影は斬られるシーンですので、まずは斬られていない衣装を着ます。ちゃんと衣装さんが着せてくれます。手ぬぐいも巻いてもらって気合十分(^.^)
本番では斬られたところまではこの衣装、その後に午前中に使用した血糊つきの衣装に着替えて倒れるシーンを撮影しました。斬られて倒れるシーンはテスト中はクッションになる毛布や布団を引いてくれましたが、本番は当然ながらそんなものはありませんでした(^_^;)

夜のシーンも無事に終わり、松竹撮影所を出たのが21時すぎ。そして、一人打ち上げと称して撮影所前にある王将で飲んだビールのうまいことうまいこと(^.^)

さらに余談ですが、同じ時期にBS朝日「時代劇スペシャル 無用庵隠居修行」を撮影していまして、松竹撮影所に入ったところで、水谷豊さんに挨拶し、メイク室で岸辺一徳さんをお見かけし、セットで野間口徹さんとすれ違いました(^.^)
相棒大好きのわたしが、「おお!! 杉下右京と官房長が!!」と、テンションがMAXになったのは言うまでも無い(^.^)

今回の撮影も実に楽しく、緊張感を持ってやり遂げることが出来ました。演技力云々は、まぁ・・・・アレですけど(^_^;)

また、撮影のお話来ないかなぁ・・・・\(^o^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です