玉造「てっぱんじんの」と「バイエル (beyer)」

先日、玉造でランチ&お茶したところをちょいと紹介。
ランチで訪れたのは、「てんっぱんじんの」という、鉄板焼のお店。ランチしようと何件か回って決めたのがここ。ちょうど商店街から道路を挟んで向かいにありました。
  002_20120126215051.jpg
左:お店はかなりお洒落な感じ。鉄板焼き以外にも、焼きそばやお好み焼き、一品メニューも豊富でした。
右:牛ステーキランチW(肉大目:1,380円)。熱々の鉄皿に焼き野菜がしかれ、その上にお肉が。テーブルの鉄板の上に置かれるので、食べ終わるまで熱々でした。ポン酢も味噌汁もかなりなレベル。
次の機会があれば、自家製ハンバーグかお好み焼きを食べてみたいものです。
お茶したところは、日の出商店街からちょいと路地に入った、住宅と住宅にある隠れ家的なお店。
003_20120126215052.jpg  004_20120126215053.jpg
左:「バイエル (beyer)」という雑貨カフェ。1階は本や雑貨を売っていたり、ギャラリーになっていて、2階のロフト風の部屋でお茶が出来るようになっています。
右:コーヒー(420円)とカラメルリンゴのケーキ(450円)。こういう雰囲気重視のお店なので、味は期待してませんでしたが、これがどうしてどうして目からうろこ。
コーヒーはしっかりローストされた苦味とコクのあるタイプで、コーヒー専門店に匹敵するほどのウマウマ。ケーキも久しぶりに渋い甘さの自分好みのものに出会えてこれもウマウマ。
005_20120126215053.jpg
席は10席ほどしかりません。部屋の周りは写真やデザイン系を中心とした本が並べられて、それらを手に取って見ているだけであっという間に時間がすぎてしまいそう。
しかも、店員さんは1階にいるため、自分以外のお客さんがいなかったこともあり、まるでと友達の部屋でお茶しながら、だらだら過ごしているような錯覚に陥りました(^.^)
玉造・・・・よろしいですなぁ。どんなところにもいい店というのは数多存在するんですな(^.^)

ボンハンバーガーを求めて針中野

何年も前から食べたかったハンバーガーが針中野にあります。あまりにこの店が好きになったファンが公式サイトを作ってしまうほど、ネット上ではかなり盛り上がっていたんです。
そして、ついに念願かなって食べ行って参りました。
神戸から、はるばる天王寺から近鉄大阪線に乗って、針中野駅まで。電車代で十分半場がーのセットが食べられる(^_^;)
駅から歩いて7,8分。今里筋沿いにネットで見てた同じお店が目の前に。感動!
001_20120122200904.jpg  002_20120122200904.jpg
左:年季を感じる店。チェーン本部とありますが、この店しかありません。マスターは以前、4店舗ほど展開していたそうですが、すべての店を一人で切り盛りしていたため、繁盛しているのにもかかわらず、めんどくさいといってこの店に落ち着いたそうな。
しかし、今でも、チェーン展開の野望は捨ててないみたい(^.^)
右:メニュー。スペシャルセットはよほどお腹空いてないと食べれないかも。
003_20120122200905.jpg  004_20120122200906.jpg
左:店内にはテーブルが5つほど。持ち帰りが多いのかと思いきや、このあといっぱいお客さんが来て満員になりました。
右:マスターは、手際よく調理しています。忙しいので、注文は紙に書いてねと言われました。作りながらでも会話は途切れません(^.^)
005_20120122200907.jpg
注文したのはベーコンバーガーセット。ちなみにホットコーヒーは忙しいときは断られるみたい。注文のたびに、コーヒーメーカーで作ってたんじゃそりゃそうだろうと納得(^.^)
ハンバーガーは・・・・予想を裏切るほどウマウマ(^.^)/ ソースが独特で、パンズやベーコンを含め、すべてをうまくまとめている感じがします。
ポテトも市販品なんだろうけど、マクドナルドよりははるかにおいしくカラッと揚がってました。
この店はマスターとのおしゃべりを楽しむところかも。マスターの人柄やトークが合わない人は、リピートしないでしょうねぇ(^.^)
わたしはもう、気に入りましたよ。家の近所にあったらしょっちゅう行くのになぁ。
006_20120122200933.jpg
近鉄針中野駅から地下鉄駒川中野駅まで続く駒川商店街。思ったより立派で、賑わっていたのにはびっくり。
そんな商店街で、お茶することにしました。
007_20120122200934.jpg
「レストランMIO」というカフェレストラン。
008_20120122200935.jpg  009_20120122200935.jpg
左:じゃがいもグラタンセット(550円)。このグラタン・・・・ウマウマ! じゃがいもたっぷりでホクホク。
右:ホットケーキセット(600円)。このホットケーキは自家製で、分厚くてボリュームたっぷりでウマウマ! しかも、ふわふわ。シンプルイズベストみたいなホットケーキです(^.^)
惜しむらくは、表のショーウィンドーのホットケーキのサンプルがやる気のないこと。自家製とくらい書いておけばいいのにと思う。
商店街好きにはたまらん商店街ですわ。いろんなお店あったし、またゆっくり散策しに来よう(^.^)

京橋 「カトマンドゥ 京橋店 (Kathmandu・Dui)」

久しぶりにカレーが食べたくなって行ったお店です。京橋駅から徒歩5分位かな?
100_20120114003718.jpg  101_20120114003719.jpg  
左:こちらは1号店のようで、2号店も同じく京橋にあります。
右:店内。いかにも、ネパールかインドかという作りで、食欲をそそる感じ。働いている人はみんなネパール人かインド人かな?
ナンを広げるビターンビターンという音が響く中、注文したものを待ちます。
102_20120114003720.jpg  103_20120114003721.jpg
左:タメルセット(980円) サラダ、スープ ライス(ナンの下に隠れてる)、ネパリタルカレー(ナンの下に隠れてる)、ナン(ハーフサイズ)、フイッシュテイカorシークカバブ・マライティカ(ナンの下に隠れてる)、お好みのカレー(今回はマトンカレー)、ナン(ハーフサイズ)。
右:プラス100円でドリンクが付けられます。今回はチャイ。
それにしても、ナンがでかい!! これでハーフサイズっていうんだから驚き。
30円プラスするとこの1.5倍あろうかというまるでラケットのような馬鹿でかいフルサイズナンにすることが出来ます。
そして食べきると30円が帰ってくるという、これはまさに食えるもんなら食ってみろといわんばかりのシステム(^.^)
ちなみに、万一残しても、店員さんが「モッテカエリマスカ?」と聞いてくれるので、もったいないお化けにお説教受けなくて済みます(^.^)
このナンがウマウマ。プレーンなのにほのかな甘みがあるというか、これだけでも食べに来る価値あり。
カレーもなかなか。ネパリタルカレーとろりとしたスープといった感じで初めて食べる味でした。あとの添え物はフツーかな。
隣の席の女性が注文時に「フルサイズ」といった瞬間の、店員の不敵な笑みがたまらなくツボでした。
あの女性たちは完食できたんだろうか? 気になる気になる(^.^)

佳酒真楽 まゆのあな (かしゅしんらくまゆのあな)

会社の人に「日本酒のおいしいお店があるけど、行きますか?」と誘われました。わたしは普段はあまり日本酒を飲まないのですが、東北で飲んだおいしいお酒を思い出し、二つ返事で行くと即答(^.^)
お店は、長堀橋駅を出て長堀通りを東へ、で、北へ少し入ったところにあります。お初の人は地図ないと行けないいかも。
001_20111231102720.jpg  002_20111231102720.jpg
左:付近に飲食店が集まっているわけではないので、ここだけ隠れ家のようにお店がありました。大きな看板もないので見落としそう(^.^)
右:店内その1。オープンキッチンで仕込み丸見え。二階席はなんだか特等席という感じ。
003_20111231102721.jpg
店内その2。テーブル席もあります。今日は満席。リーマンだらけ(^.^)
020_20111231102916.jpg  021_20111231102937.jpg
冷蔵庫に日本各地から集めた日本酒ががいっぱい。メニュー見たら100種類はありそう。常陸野ネストビールもおいてあります。しかし、こんなに飲みきれません。その上、時期によって銘柄も変わるので、飲み尽くすのは至難の技かと(^.^)
料理は、日本酒に合う味付けで、鈍いわたしでもいい素材を使ってるんだなぁとわかります。
004_20111231102721.jpg  005_20111231102722.jpg
006_20111231102752.jpg  007_20111231102753.jpg
008_20111231102753.jpg
うまいのですが、量は少ないかな。ちなみに大皿や鍋は4人前です。まぁ、日本酒でガツガツ飯食う人もいないでしょうし、そういう雰囲気でもないので良しとしましょう(^.^)
お酒は90mlから注文できますので、たくさんの銘柄をちびちびやるのが一番ですね。あれもこれもと思いますもん(^.^) 今回飲んだお酒をここで紹介。
009_20111231102754.jpg  010_20111231102755.jpg
左:秋鹿 「霙もよう(みぞれもよう)」純米吟醸にごり生酒(大阪)。 微炭酸でシュワシュワ。
右:王禄 超辛純米 直汲(島根)。
011_20111231102826.jpg  012_20111231102827.jpg
左:小笹屋竹鶴「番外編」純米原酒(広島)。
右:秋鹿「朴」木桶仕み 特別純米 無ろ過 生(大阪)。
013_20111231102827.jpg  014_20111231102828.jpg
左:陸奥八仙 純米大吟醸 華思い(青森)。これが今回飲んだ中で最高にうまかった。やばいですわ(^.^)
右:黒牛 無濾過生 しぼりたて(和歌山)。これだけ昔黒江に行ったときに飲んだことあった(^.^)
015_20111231102828.jpg  016_20111231102914.jpg
左:仙禽 50 あらしぼり(栃木)。
右:東一「雫搾」純米大吟醸(佐賀)。
017_20111231102914.jpg  018_20111231102915.jpg
左:秋鹿「佳酒真楽」純米大吟醸 原酒(大阪)。
右:梵「団」究極の純米大吟醸(福井)。
019_20111231102916.jpg
開春 純米超辛口 神の舞(島根)
いやぁ、飲んだ飲んだ。どの銘柄もウマウマ。それに、味もぜんぜん違うのね。もうね、日本酒にもはまりそう(^.^)
日本酒好きにはたまらないお店、また行きたいなぁと思いました。超オススメ(^.^)/

天六 「カフェバー イマドマ (Cafe Bar Ima Doma)」

天六に今流行の町屋カフェがあるという情報をキャッチ。そんなのあったかな・・・と思いながら、現地へ。
場所は地下鉄「天神橋筋六丁目」駅13番出口より徒歩で2分。13番出口から右の路地を100mあるくとその店はありました。店の名前は「カフェバー イマドマ (Cafe Bar Ima Doma)」
001_20110409010956.jpg  002_20110409010957.jpg
左:町屋というより長屋カフェ。トルコ料理とチャイの店だそうです。
右:店内。テーブル・カウンター・座敷で20席ほどのこじんまりとしています。この雰囲気・・・。落ち着けますなぁ。座敷座ったら動きたくない感じ(^.^)
003_20110409010957.jpg  さくらたん
左:今回はケーキセットを注文。マスターは「ティーブレンダー」の資格を持っているとかで、セットドリンクはチャイを選びました。普段飲むチャイよりまろやかで甘さが程よく、さすがと思いました。ケーキは手作り。クルミとバナナのシナモンケーキでした。これは・・・初めて食べる味。ケーキというよりは柔らかめのクッキーという感じ。これもさすが。
右:看板娘のさくらたん(^.^) 好奇心旺盛の三毛猫。すっかり猫カフェ状態(^.^)
今度はバーメニューを試してみたいなぁとおもいました。ケーキでこれだけのレベルですから、ランチやバーメニューも期待もできるかな。
座敷で猫。猫好きにはたまらないお店です。わたしはもう、さくらたんに一発でKOですよ(^.^) ああ、また会いたい(#^.^#)

高槻「熱帯食堂」 と 「リザルブ珈琲店」

先日の高槻天神祭りのときにランチとカフェに行った店を紹介。なんだか、グルメブログになってきた気がするが気にしない(^.^)
ランチで行ったのは・・・アジアな空間で、本格タイ料理とバリ料理をリーズナブルに楽しめるという、かなり人気のある「熱帯食堂」というお店。
JRで行けば南口を出て、高槻駅前郵便局近くにあるビルの3、4階にお店があります。
001_20110305214945.jpg  002_20110305214946.jpg
左:入り口からして、すでにエスニック(^.^)
右:グリーン基調の壁、ウッドなテーブルとイス。癒し満載の店内。タイ雑貨やバリ雑貨を売るスペースもあります。
003_20110305214946.jpg  004_20110305214947.jpg
左:今日のナシチャンプル(945円)。テロールカレ(ゆで卵のカレーソース)、アヤムグルン(鶏肉のオーブン焼き)、ワラールバリ(バリ風インゲンの和え物)、タフバラドゥ(厚揚げのチリソース)、サテアャム(鶏肉の串焼き)の5つのおかずがちょこちょこと乗ったバリ風の屋台ご飯。混ぜ混ぜして食べるとウマウマ(^.^)
右:今日ののっけご飯(893円)。乗っているのはプラームパッキーマオ。直訳すると「酔っぱらい炒め」というイカの辛味炒め。これは確かに辛かった。しかし、いやみのナイスコーンとした辛味でご飯と合う(^.^)
005_20110305214948.jpg
プラス100円でデザートとドリンクが付けられます。これは付けたほうが絶対お得。ココナッツミルク煮があまりにもうますぎます(^.^)
今度は絶対夜に行きたい! いっぱいあるメニューを制覇してみたいと思うほどいい店。お酒進みそうだわ(^.^)
カフェに行ったのは、拘りの珈琲屋さん。芥川商店街から西国街道と抜けていくと右手に見えてきます。
201.jpg  203.jpg
左:昔は米屋だったそうな。住宅街にあるので、最初に行くときはマップ必須かも。それでも、見過ごしそうになりましたし(^_^;) 店内はゆったりと作られているので、大きさの割にテーブルは少ないです。
右:メニュー。もちろんコーヒーしかありません。しかもリーズナブルな上に2杯目からはお得価格。
202.jpg
注文したのは深煎りの「スマトラ・マンデリン」。メニューの説明書きどおりの味。確かにちょっとオイリーというかとろっというかそんな感じでコクがあってウマウマ。100円で付けたクッキーはコーヒーとよく合います。
この2店も超がつくほどお勧め。この店のためだけに高槻まで行ってもいいくらい気に入りましたよ(^.^)/

生駒 「トヨジタリーノ」 と 「ナイヤビンギ」

先日、生駒に行ったときに寄ったお店があまりにも素敵だったのでお寺とは別にブログに書くことにしました。
ランチで行ったのは、「トヨジタリーノ」というイタリアンの店。
001_20110225223717.jpg
生駒ケーブル・鳥居駅前の坂を上ったところにありました。店はこじんまりとしていて、20席くらいしかありません。
開店と当時に入店したんですが、テーブルは予約で満席。カウンター席(4席程度)がかろうじて空いていて着席する事ができました。食事中も問い合わせや予約の電話がひっきりなし、予約なしのお客様もかなり来ていましたので、この店は、予約必須のようです。
002_20110225223725.jpg  003_20110225223729.jpg
左:本日のランチ 牛肉の赤ワイン煮込(パン・スープ・サラダ・ドリンク付:950円)
右:本日のパスタ 豚肉、ブラックオリーブ、キノコのオイルスパゲティー(同上:950円)
スープはコンソメ、パンはフランスパンですがしっとりで自家製のよう。赤ワイン煮込はワインの風味がばっちり残っていて、箸で切れるくらいやわらかくてウマウマ。スパゲティーもオイルばっちりですが思うほどしつこくなく軽く食べられそう。
食後のコーヒーがコーヒー専門店よりうまかったのには驚いた。紅茶もポットで出てきてこれも専門店並み。
この味とこのプライス、そしてボリューム。そりゃ人気出るのも予約でいっぱいなのもうなずける。次回はディナーでアラカルトで注文して、お酒飲みたいなぁ(^.^)
宝山寺のお参りのあと、カフェで入ったのは、宝山寺駅から徒歩1分のところにある「ナイヤビンギ」というカフェ。
013_20110225223816.jpg  014_20110225223816.jpg
左:元旅館を改装してカフェとして使用しています。
右:ナイヤビンギとは、ラスタファリから生まれた言葉で、①ラスタの宗教的な集会のこと、②その集会で演奏される音楽のこと ③ラスタの宗教的一派のこと、という3つを指してるととか。店内もそんな雰囲気。1階は雑貨。カフェスペースは2階になります。
015_20110225223817.jpg  016_20110225223818.jpg
左:2階に上がる階段。 右:2階。旅館だったのがよくわかるスペース。
019_20110225223849.jpg  017_20110225223819.jpg
元々旅館なので、部屋の方は全席個室となっています。居心地よさそう。長居必須ですな(^.^)
018_20110225223848.jpg  020_20110225233323.jpg
左:結構部屋数はあるみたい。奥のほうまでは散策してません。
右:わたしが通された部屋にはコタツが! 久しぶりのコタツでテンションあがりました(^.^) 他の部屋以上に長居必須。一度入ったら動きたくなくなります(^.^)
022_20110225223850.jpg  021_20110225223850.jpg
左:「森のコーヒー」と「うぐいすきなこあんもち」(セットで1,000円)
右:「リンゴHOT番茶」(550円)
リンゴHOT番茶は初めて飲む味でした。リンゴの粒粒が浮いているし。とはいえ、お茶とリンゴのバランスよい味はなかなかのもの。コーヒーもオーガニックでしっかりとした味。きなこもちもウマウマ。
食事は要予約。なんでも、「無農薬栽培の野菜を使い料理の方を作らせてもらっています。化学調味料などは一切使用しない、体と心に優しいお料理」だとか。
これは食べてみたい。そして、部屋でまったりしたい。次行ったときは部屋で熟睡する自信あります(^.^)
生駒にもこんないい店が。何で近所にないんだ? ・・・・知らないだけかもしれないけど(^_^;)

玄米&やさい食堂 玄三庵(げんみあん) 西梅田店

一応、ランチは1,000円以内でという条件でいろいろ行ってます。ほんと、1,000円出せばおいしいものが食べられます。高くてうまいのは当たり前。いかにこの条件でいい店に行けるかといいうのが楽しいんです。
で、今回行ってきたのはこのお店。梅田もいい店ぞろいで困ってしまう。特に駅ビルはね(^.^)
001_20110218213129.jpg  003_20110218213130.jpg
「玄三庵」とおうお店。阪駅前第一ビル1Fの2号線沿いにお店はあります。オーガニック系のお店で、店内は飾り気のないさわやかな感じ。カウンターがあるので、一人ランチも気軽にできそう。
002_20110218213130.jpg  004_20110218213130.jpg
左:頼んだのは39品目の健康定食(895円)。右上にあるのが食前酒ならぬ飲む野菜サラダ。青汁っぽいですがりんごジュースで割ってあるので後味も悪くなくおいしい。
本日のメイン・旬のおかず3品共に野菜がたくさん使われていて、いかにも体によさそう。食べ応えもあってかなりウマウマ。
玄米はもちっと炊き上げてあって食べやすい。麦味噌の味噌汁も野菜たっぷり。ご飯も味噌知りもお替り自由なのがうれしい。
右:ランチサービスの豆乳プリン。ウマウマ。
女子基準の量なので、男性だとお替りしてちょうどいいくらい。オーガニック系のお店はどこへ行っても女子率が非常に高い。男同士の客はゼロ。おいしいし、カウンターもあるんだけど、一人では入りにくいなぁ(^_^;)
11時半の開店で、開店10分で満席になりました。並びたくなければ、開店と同時に入店したほうがいいでしょうね。

梅田 蒸し料理専門店「mus」

先日行ってきた(といってもかなり前)お店を紹介します。
「mus」という名前のとおり、蒸し料理専門店。場所は茶屋町の近く、ホテル阪急インターナショナルの向かいにこのお店はあります。
001_20110210222933.jpg  002_20110210222934.jpg
オープンテラスもある、ガラスの開放感がさわやかなお店。全体的にシンプルで、木のテーブルやイスが素朴な感じで落ち着きます。
梅田のはずれなのに、店はすぐに満員になりました。かなりの人気店のようです。
003_20110210222934.jpg  004_20110210222934.jpg
左:musランチ(980円)。この日はバームクーヘン豚と野菜のセイロ蒸し、黒米 or 麦ご飯(おかわり自由)、おばんざい3品、お味噌汁(おかわり自由)、サラダ、お漬物という内容。結構ボリュームあるけど、蒸し料理なのでヘルシー。豚も余計な油が落ちてあっさり食べられます。体いいもん食べてるなぁと思えますよ。これはウマウマ(^.^)
右:日替りランチセット(780円)。この日は蒸し大根の柚子味噌ソース、秋鮭のせいろご飯、おばんざい3品、お味噌汁(おかわり自由)、サラダ、お漬物でした。これで780円なら十分すぎます。
ご飯やお味噌汁をお替りすれば、男性でも十分お腹が膨れるでしょう。ヘルシーなものをおいしくちょうどよい量を食べるにはもってこいのお店。ただ・・・かなりの女子率。男一人で入るにはかなり勇気がいるかも(^_^;)

西天満~玉造~中津 グルメツアー

ぶらぶら寄り道をしつつおいしいお店を巡る・・・。うーん、実に贅沢な休日だ。
まずはランチから。クラムチャウダーがウマウマでサラダ、パンなどなどもすべてお替りOKというランチを目当てに、北新地にある「CAFE&BAR Oxygen」というお店に行く予定にしてたんです。
しかし、開店時間を過ぎても、店のある階にエレベーターが止まらないし、表に休業とも出てないし、電話かけても出ないし・・・ということで、あきらめることに。ちなみに、別の店でランチしたあとで、確認したら、営業してやんの・・・・。こういうことされると、もう行かねぇぞ!と思ってしまったわ(^_^;)
仕方がないので、別の店に移動。以前、店名が名前がインパクトあって忘れることができなかった店へ。
梅田から、老松通りを抜けて西天満までてくてくと。店の最寄駅は北浜駅になります。26番出口から出て北へ少し行って、広い道を左に行けば店に到着できます。
お店の名前は、「フランス料理 いまとむかし 井上義平」
001_20110129231205.jpg  002_20110129231206.jpg
お店の外と中。店内は暖かい暖色系の色が多くて落ち着ける感じ。
003_20110129231206.jpg  004_20110129231207.jpg
日替わりランチ(900円)をチョイス。本日のスープはトウモロコシ。メインディッシュはチキンプロヴァンス風とポークビール煮込み盛り合わせ。これにパン(フランスパン一切れ)が付きます。
意外とボリュームあるし、900円ならコスパも高いし、どれも結構うまい・・・けど、普通にうまいというだけで、いまいち記憶に残らないかも・・・。
もしかして、昼と夜ではぜんぜん違うのかな・・・とも思った。
「フランス料理 いまとむかし 井上義平」
場所大阪府大阪市北区西天満3-8-7 中之島ウィングマンション 1F
06-6364-116
ランチを終了し、次なる目的地は玉造。おいしいベーグル専門店があるという。西天満からてくてく歩いて大阪駅に戻り環状線に乗って玉造駅で降りました。
以前、芝居の打ち上げで商店街のカラオケに夜に来たことがあるだけで、昼間店が開いているのを見るのは初めてで、新鮮(^.^)
ちょぃと腹ごなし・・・ではないけれど、近くに神社があるのでお参りしておきます。
■三光神社■
「三光神社(さんこうじんじゃ)は、大阪府大阪市天王寺区玉造本町の宰相山公園にある神社である。天照大神・月読尊・素戔嗚尊を祀る。
反正天皇の時代の創建と伝えられる。創建以来、武内宿禰の末裔の武川氏が神職として奉職し、現在は86代目と伝える。社伝によれば、寛文元年(1661年)に一旦現在地の南東の鎌八幡の隣に遷座し、宝永3年(1706年)に再び現在地に戻ったという。かつては「姫山神社」と称し、一帯は「姫の松原」と呼ばれていた。
中風封じの神として有名な陸前国宮城郡青麻(現 宮城県仙台市宮城野区)の三光宮(現 青麻神社)を勧請し、そちらの方が有名になった。明治15年の『大阪名所独案内』に三光宮を勧請した旨が書かれており、勧請はそれ以前ということになる。明治41年(1908年)、姫山神社に境内社・三光宮を合祀し、社名を「三光神社」とした。3柱の神を祀ることから「三柱神社」とも、「日月山神社」ともいう。
鎮座地の丘は宰相山とも真田山ともいう。かつては大坂城の出城が置かれ、大坂の陣のときには真田幸村が大坂城から当地までの抜け穴を掘った。その跡が社殿の下に残っている。境内には真田幸村の像がある。」(Wikipediaより)
005_20110129231207.jpg  006_20110129231254.jpg
左:神社本殿と正面にある鳥居。
右:真田幸村像の台座は信州上田、真田家の菩提寺の長谷寺より取り出した真田石。奥に見えるのが「真田の抜け穴」
旧陸軍墓地、片足の鳥居(大阪空襲で足だけ残った)もあり、小さいのに見所あり、考えさせられるところあり・・・のすごい神社でした。
カフェすべく、神社の近くのお店に。ベーグル専門店なんて行ったと来ないからわくわくします(^.^)
007_20110129231254.jpg  008_20110129231254.jpg
左:「H・L BAGELS」というお店。こちらではイートコーナーもあり、ベーグルサンドやドリンクも楽しめます。商店街に工房があり、こちらでベーグルを作っています。
右:抹茶&黒豆のベーグルとミルクティー。もちもちとしてここのベーグルはウマウマ。ああ、近所にあれば、しょっちゅう買いに来てただろうなぁ・・・。すべての種類が食べてみたいけど・・・玉造だもんなぁ。
せっかくなので、お土産にベーグル買って帰りました(^.^)
「H・L BAGELS」 お店のサイトはこちら
009_20110129231255.jpg
商店街好きにはたまらんなぁ・・・・(^.^)
商店街を抜け、鶴橋まで。そして当てもなく、鶴橋の商店街をぶらぶら。一通り見てから大阪駅へ戻ります。
茶屋町に最近できた、巨大ジュンク堂書店へ。でかすぎ。本好きのわたしなら、一日つぶせる自信あります(^.^)
立ち読みしている間に晩飯の時間になりましたので、日も落ちて寒い中、てくてく目的のお店まで・・・。
地図持ってても迷いそう。お店は中津商店街を突っ切って左手にあります。土地勘の無い人はたどり着けないこと請け合い。
010_20110129231255.jpg  011_20110129231343.jpg
左:「トアル食堂」。まさに、とある食堂(^.^) ぜんぜん目立ちません。先客が入っていくのを見てなければ通り過ぎたかも。
右:店内。10席ぐらいしかなく、こじんまりとしていてこういう雰囲気の好きな人にはたまらないお店かも。
メニューは日替わりらしく手書き。出てきたおしぼりはハッカの香り。素材もこだわっているようで期待が持てます。
012_20110129231344.jpg  013_20110130011624.jpg
定食メニュー(1,000円)があったので、それを注文。左が肉じゃがコロッケ、右が厚切り豚キムチ。ご飯は黒米入り玄米、豚汁も付いて結構ボリュームある。そして・・・ウマー(^_^) とくに、この肉じゃがコロッケはめっちゃ気に入った。 
こんどは、単品メニューでお酒を飲んでみたいと思ういいお店でした(^.^)
「トアル食堂」
大阪府大阪市北区中津3-28-7
06-6375-9153
今日行った店以外にも、散策するたびに、良さげな店を発見する・・・。玉造もいい店ばかり。また来ようっと(^.^)