ぶらりバイク屋さん巡りその4 買っちまったよ

雨が降る前に一回試乗してみようと、ハーレーダビットソン神戸に行くことにします。
さっそく、店員さんが「何かお探しですか?」と寄って来ました。で、少しお話して、表に置いてある試乗車(XL883L)のエンジンをかけてもらいました。
エンジンキーをON、「ウィィィィィン」と燃料ポンプが動くモーター音が聞こえます。「おお、インジェクションだな」と感心しているとエンジンがかかりました。
ドドドドドドドドド・・・・・。想像以上にいい音です。エンジンがかなりゆれているのがわかります。
店員さん曰く「ラバーマウントなのでゆれてますが、アクセル吹かすとゆれは収まりますよ」 たしかにアクセル吹かすとエンジンのゆれが少なくなります。それと同時に排気音もかなり大きくなりました。思わず「これで純正ですか?」と聞いたくらいですから。でも、いい音。たぶんにやけていたと思います(^^)
「883が一番いい音なんですよ」と言いながら、横にあったファット・ボーイのエンジンをかけました。たしかに883より音が小さい。
「インジェクションになって一番よくなったのが883ですよ」と店員さん。そしてついに言いました。「乗ってみますか?」
すでに洗脳されかけているわたしですが、試乗してみないと最終評価は下せないと自分に言い聞かせ、試乗車の883L(店員さん曰くLはローのLではなくレディースのLだそうだ)に乗ることにします。
883に跨って、エンジンスタート。心地よい振動がお尻に伝わります。そしてドドドドドというVツインの排気音。フルフェイスでもよく聞こえますねぇ。
スタート。おお、トルクあるなぁ。シフトフィールもすごくいい。非常にニュートラルに入りやすいぞ。そして振動と言うか鼓動はアクセルを吹かせは少なくなるが、消えてしまうと言うことはなく程よく残っていい感じ。それに排気音もフルフェイスなのによく聞こえてこれもいい。加速もすごくスムーズ。シフトアップ後にアクセル吹かすとガクンっとなるのはインジェクションの息継ぎなのか加速がすごいのか・・・。これも、1速→2速のときにたまになるので、たぶんクラッチの繋ぎ方が悪いのかも。とにかく、これなら街乗りや高速道路の巡航なら大丈夫そうだなぁと思いました。
もう少し乗りたかったけど。雨がぱらついてきたのでお店に戻りました。もうこの段階で洗脳がさらに進んでます。
店に入って見積りしてもらいます。前回1200を見積もってもらったので、今回は883を。あったかフェア中ということもあり、今日、明日と金利が3.9%→2.9%に、3つのオプションから一つをチョイス出来る(ヒートグリップとエンジンガードとも一つは忘れた)というので3つの中で一番高いヒートグリップを選びました。先日と同じ条件なので純正アラームもサービス。でも、工賃は両方ともサービスされてません。意外とヒートグリップの工賃が高いんですよね。
ここで、一日考えてから返事しますと言うと、店員さん「じゃぁ、今日決めていただければ工賃すべてサービスします。今日はフェアですし、わたしはノリで商売してますから」
この段階で実質13万強の値引きです。ここで、完全に洗脳されました。
ついに、ハーレーのオーナーになることに決めました。わたしも意外とノリでバイク買ってますな(^^)
で、買ったのはこれ!!
xl883r.jpg

XL883R(ビビットブラック)
オレンジとも悩んだんですが、ブラックアウトされて精悍な感じがよかったのでブラックにしました。わたしはクロームフェチではないので、このブラックは以前からいいなと思ってたんですが、実物見てこれしかないなと思いました(^^)
1200か883かでも迷ったのですが、パワーが物足りなくなればボアアップすればいいだけのことだし、一粒で二度おいしい883に決めました。
バイクはすでに店内にあるので即納可能(2/15に入荷したそうだ)だと言われましたが、いろいろと準備(ロックとかカバーとかその他もろもろの購入)も必要だろうと思ったので余裕を見てもらって3月の第2週にしてもらいました。
ああ・・・買っちまったよ、ハーレー。普通二輪取ったときにはあこがれだったハーレーのオーナーになっちまうとは、信じられませんなぁ・・・。
取り合えず、2年後の車検のときにあわせてボアアップしようと思います(爆)

ぶらりバイク屋さん巡りその3

免許交付後、その足でスポーツスターを試乗しに行こうと思ってましたが、今日に限って昨日までの天気とうって変わって荒れ模様。わたしの日ごろの行いはいいはずなんですけど、どうしたもんだろう?
それほど雨もひどくないので、試乗はできなくてもスポスタの現物でも見に行こうと、JR鷹取駅で降り、ぼちぼち歩いて、ハーレーダビットソンテイク須磨へ。
雨が降っているからか、店の表にはバイクが並んでいませんでした。それにしても、バイクのディーラーとは思えないくらいきれいな建物。それに広い。さすがはメガディーラーですねぇ。ゆったりとしたスペースに展示されているハーレーたち。国産メーカーのお店とはやはり違います。
さっそく、店員さんが近づいてきて、「ご自由に跨ってください」と言うので、念願のスポーツスターに跨ってみます。外見から見る限り、かなりコンパクト。V-maxと同じくらいに見えますね。
まずXL1200Rから。ブルーがきれいです。わたしブルー好きなんでこれだけでもくらっときます(^^) やはりニーグリップはできないことを確認。ニーグリップバーは必須かなと思いました。フォワードポジションよりミッドポジションのほうがしっくりくるなぁ。足つきはFZ400と同じくらい。シートのすわり心地もよさそう。全体を見回しても、非常にクオリティが高いような感じで、国産と同等以上のものがあるように思います。クラッチはやはり重い。これは慣れるのだろうか?
少し気になったのが、ステップとペダルの位置。なんかしっくりこないような・・・。ステップが張り出しすぎで、ペダルと同列になってないんですね。ま、ブーツとか大き目の靴ならジャストなんでしょう。
次にXL1200L。ローポジションがどんなものか試してみます。ローシートとローダウンサスで50mmほど下がるそうで、それは実感しました。そのぶん、足をステップに置いたときに少し窮屈かな。それよりニーグリップできるタンクに関心。やはり挟めると膝元が落ち着く感じですね。このタンクを1200Rに付けたいくらいです。そうすれば航続距離も伸び、フロントダブルディスクになって言う事無し。ていうか、そういう仕様があったらたぶん即決していると思います(^^)
来たついでなので、見積りもしてもらいました。車種はXL1200R、色はパフィシックブルーパール、オプションで純正セキュリティ。買う気満々の見積りだな、これ。
で、できた見積りを見せてもらいます。「今なら純正セキュリティはサービスすることができます」と店員さん。え?これは実質的な値引きでは・・・。ハーレーで約7万の値引きがあるとはびっくりだ。先日のV-maxとはえらい違いだわ。これだけでも、くらっとくるな・・・(^^ゞ
その後、ローンシュミレーションしてもらって、展示でなかったXL1200Cが入ったら連絡をもらうことを約束して店を後にしました。今度は試乗させてもらうぞ。高い買い物ですから、ここはじっくり腰を据えて・・・・。でも、試乗したら即決している可能性も高いな、これ(^^)

ぶらりバイク屋さん巡りその2

春以降まで買う予定はない(と自分に言いかせている)大型バイクですが、見るのとか見積もり取るのはタダですので、午前中を利用してバイク屋さんを巡ってみることにします。
前回と同じ前文で始まりましたバイク屋巡り2回目です。今回は確実にV-maxが置いているであろうショップを選んでいくことにしました。ショップの名前はあえて伏せます。なぜかと言うとここでは買わないと思うから。西宮にあるヤマハショップとだけ言っておきましょう。
店について自動ドアを開けると目の前にドーンとV-max。店のど真ん中に鎮座しております。タンデムのサンプルなのかマネキンがV-maxに乗っています。跨りたい気持ちがあるけど、どうしようか・・・と悩んでいると、店長さんが声をかけてくれました。「バイクお探しですか?どれか跨ってみますか?」と言ってくれたので、お言葉に甘えてV-maxを指名します。マネキンが退かされ、さっそく跨ってみます。
センタースタンドが立ててあるので、正確な足つきはわかりませんが、FZ400よりは足が曲がるくらいの感じにはなりそうです。ポジションはアップライトで非常に楽。以前乗っていたST250に近い感じ。ダミータンク上面のフレアパターンがいいアクセントになってます。クラッチレバーを握ってみるとすごく思い。これがリッターバイクかぁと思うと同時に、この重さで何時間も操作できるかという不安も感じました。跨っただけですが、間違いなくドラッグスターよりワクワクしました。すごく所有欲を満たしてくれるバイクです。やばいなぁ・・・、かなり気持ちが傾いているなぁ(^^)
先日のお店と同じく、見積もりと査定をしてもらいます。これが期待を裏切る結果で、FZ400の査定額が8万円、納車整備費が倍以上、値引きがなし・・・。ハーレーじゃあるまいし値引きゼロってマジですか? 先日のお店と比べるとなんと24万円もの差があります。これではここの店を選ぶ理由がありません。V-max買うなら間違いなく先日のお店を選びますな。
せっかく来たのでプレスト2007ニューモデル試乗会の参加申し込みをしてきました。4月1日(日)に舞洲スポーツアイランド「イベント広場」で開催される試乗会で、V-max初体験してきます。これでどう感じるのか、どう考えが変るのかすごい楽しみです。
西宮のショップを後にして、ふらりとハーレーショップに寄ってみます。家の近所にハーレーの正規ディーラーがあるのはある意味恵まれているのかも。時間がなかったので、店員さんと少し話しただけでお店を後にしました。なんせ、まだ免許ないですから試乗できないのが辛いわ・・・。今度明石に書き換えに行った帰り、須磨のメガディーラーに寄ってスポーツスターを試乗してこようっと。
なんか、欲しいバイクがV-maxとスポーツスターに絞られているような気がしますが・・・・たぶん気のせいかと(^^)
  FZ400       本日の走行距離:29km
               積算走行距離:13016km

ぶらりバイク屋さん巡りその1

春以降まで買う予定はない(と自分に言いかせている)大型バイクですが、見るのとか見積もり取るのはタダですので、午前中を利用してバイク屋さんを巡ってみることにします。
候補であるバルカン900はまだ発売されていないので、他の候補、ドラッグスター1100とV-maxがありそうなところへ行くことへしました。行った先は、名谷にあるバイクスタッフヤマダというところ。プレストコーポレーションのアクティブショップだし、お店も大きそうだったので選びました。
お店に到着。3階建ての結構大きいお店。残念ながらV-maxの在庫はなし。ドラッグスター1100の中古があったので跨らせてもらいます。その間、お店の人がFZ400の査定をさせてくださいと言うのでしてもらうことにしました。
跨ってステップに足を着いて思ったこと、それは、シャドウスラッシャーの方が窮屈じゃなかったなぁ、と。スラッシャーの方がかなりのフォワードポジションで足を投げ出す感じが強いみたい。前にシャドウ1100跨ったときはめちゃくちゃ重く感じたのに、ほぼ同じ重さであるドラッグスターではそれほどとは思わなかった。これも、バイクに慣れてきたからだろうかねぇ? 大きさ的には横に並んでいるドラッグスター400とそう変らない気がするな。なんにせよ、目の前にでっかいタンクが威圧感たっぷりに存在するってだけでもアメリカンっていいねぇ、って思うわ(^^)
そうこうしているうちに査定が完了。気になる査定額は・・・15万円。1年前に30万ちょっとで買ったバイクにしちゃ上出来というものでしょう。ここでバイクを買えばという前提での額だと思いますけどね。で、指摘としてインシュレータにひびが入ってて少しガソリンが上がってきてる可能性がある、そのためにアイドリングがばらついているかもしれない、とのこと。後はまずまずの状態だそうだ。
ついでに、ドラッグスターとV-maxの見積もりもしてもらいました。逆車はやはり納車前の整備費用が高いですな。値引きの分がそれで相殺されてしまうのが痛いけどね。
で、検討しますということでバイク屋さんを後に。今度はV-maxが置いてあるバイク屋さんに行ってみよう。しかし、見たら欲しくなるな。次回、V-maxの実物見たらやばいかもれない・・・・(^^ゞ
  FZ400       本日の走行距離:40km
               積算走行距離:12987km

セカンドバイク・・・いいなぁ その3

転勤も決まり、通勤用として小回りの効くバイクがますます欲しくなってきました。転勤先は酉島・・・といっても、ぴんと来ない人もいるかと思いますが、北港の近くとか、USJの近くというと場所的にわかるかなと。バイクで行くとなると43号線を大阪に向かって走らねばなりません。当然渋滞も予想されるわけで、すり抜けもしないことには走ってられねぇぜ!てな感じになるわけです。
まぁ、電車で行けばいい訳ですが、安治川口から社バスに乗らなくてはいけないので、この辺がちょっとめんどくさいし、バイクのほうが圧倒的に安上がりだし・・・。行けるのであれば、バイクで行ったほうがいいでしょ。
で、小回りの効くバイクというと・・・やはり、APEですね(^.^)
実は先日、見積もりという口実でホンダに行って、APEとXR100モタードに跨らせてもらいました。
XR100のほうがシート高が高いので、足元はこちらのほうが楽。とはいえ、APEも楽なんですけどね。あとは、デザインがどちらが好きかということだけです。
跨ってわかったことですが、XR100ではげしく萎えたところが一点ありました。
それは、燃料タンクのサイドカバーがペコペコなところ。ニーグリップするとペコペコします。ステーを介して装着されているみたいで、燃料タンクに直付けじゃないみたい。この一点だけが、どうしてもゆるせなかったです。
さぁ、買う気満々・・・。欲しいときが買いどき・・・ですよね、やっぱり(^^ゞ

セカンドバイク・・・いいなぁ その2

もう、買う気まんまんになってきたセカンドバイク。
いったいどこからそんなお金が出てくるんだい?という質問は無し。独身で結婚の予定もなく、ただ貯金を切り崩しているだけですから・・・。そう言っている貯金も実はほとんどないんですけどね。
実は、エイプも免許取る前から、気になってたバイクなのです。一時期は、免許取って京都行きを考えてなかったんですね。原付で街乗り、通勤に使うならなにがいいかな・・・くらいしか思ってなかった。そのとき、バイク雑誌で見て気に入ったのがエイプだったんですね。
ape_color_02b.jpg
エイプを買うなら、ブルー。そう決めています。というか、青色好きなんです。それに、デラックスのカラーリングは好きになれないんです。トリコロールにも別に・・・って感じで(^^ゞ
もう一台、気になるバイク・・・が、これ。


HONDA XR100 モタード
デザインもいいんですが、前後ディスクブレーキに目が・・・。エイプであとから前後ディスクブレーキにしようとすると、差額4万では絶対にできないんですよねぇ・・・。でも、エイプのほうがデザインは大好きだし。せめて、エイプのフロントだけでもディスクブレーキだったら・・・と思いますね。
さて、もうちょっと考えようかな。とりあえず、本屋で買ってきた「はじめてのエイプカスタム」でも読んで楽しもうっと(^.^)

FZ400を見てきた その3

レッドバロンにFZが届いたという連絡をもらいましたので、見に行ってきました。これは最初からカウルが割れているということを聞いてますので、それ以外のところが程度よければいいなぁと思いつつ、レッドバロンに到着。
さっそく見せてもらう・・・・。おっ、カウル以外かなり程度がいい。さびたボルトはキャリパーとエキマニのところくらい。エンジンの右側に立ちゴケの傷はあるものの、これはタッチアップでどうにかなるレベル。マフラーの傷はほとんど目立たない。タンクにはへこみ無し。リアカウルにタッチアップの後があるけど、許せる範囲。ゴムパーツ、プラスチックパーツも白くなってなくていい感じで黒々。アルミパーツも白くはなっていない。キャブレターのインシュレータも大丈夫。タイヤも車検前に買えたみたいで、ちょうど一皮向けたようになってます。
カウルの割れ以外は、かなりいい程度のFZ。エンジンの始動も京都で見たものよりいい。キャブレターのガス抜きをしていたのにもかかわらず。
前の店で、ある程度のメンテナンスは終わっていたそうで、
・フロントフォークのオーバーホール
・ブレーキパット交換
・キャブレターのオーバーホール
・フラグ交換
・クラッチのリフレクションプレート交換
・エアフィルター清掃
等をすでにしているそうです。
カウル以外は最初に見たFZよりもいいかもしれない。探してこれよりいい程度のものが見つかるかどうかの保証はない。カウルなぞ、消耗品と割り切れば・・・・自分でもこかして傷つけるかもしれないし・・・。
決めました。このFZ400買います!
本当に欲しかったバイクが手に入りそうです。最高の気分。あとはローンの審査が通るかどうかだけだけど・・・。

FZ400を見てきた その2

日曜日、舞台稽古に行く前に京都のバイク屋さんによってFZ400を見てきました。
97年式の黒のFZ。やはり400とは思えないくらいでかい。シート下の収納スペースも結構大きいですね。これならU字ロックとレインウェアが入りそうです。
エンジンもかけてもらいました。はじめて聞くFZのエンジン音に排気音。やっぱりシングルとは違います。教習車のCB400に比べれば、スムーズさに劣るような感じですが、わたしとしてはこちらのほうが好みですね。始動性が悪いといわれるバイクですが、このときは一発でかかりました。店員さん、チョーク駆使してかけていたようなので、コツが要りそうですね。
肝心のバイクのほうは・・・状態が悪すぎ。レッドバロンで見た赤のFZより悪い。なにせ錆が多すぎます。ボルトというボルト全部錆びてるんじゃないかというくらい。エンジンの両側に立ちゴケ傷(かなり)、キャブレターのインシュレータにもひびが。マフラーもちょっとガリガリいってます。その割にはアッパーカウルはすこぶるきれい。ここは交換したんでしょうね。
いくらバッテリーとタイヤを新品にしてくれるといっても、この状態のFZを買う気にはなれない・・・。ここは却下ですね。
次はレッドバロンのシルバーを今週中に見にこうっと。これがだめならまた気長に探すことにしましょう。

FZ400欲しい病 その2

木曜、結局実車は見れず・・・・・。
県外の2店、ひとつは店の場所がわからず(店の住所に行ってみたら、違う名前のバイクショップ・・・。住所見間違えたか?)、もう一店は、現車が東京にあるので取り寄せてもらうことに。こちらの黒のFZはもしかするとちょっと程度が悪そうな予感。日曜日にまた見に行くことにします。
バイクのことなレッドバロン・・・ということで、近所のレッドバロンへ行ってみました。この店には在庫でFZ400の赤があるんですが、お世辞にも状態がいいとはいえない。赤なのでカウルの色あせが目立つし、立ちごけでついた傷があまりにも多すぎるのでこれは却下。
全国の在庫を調べてもらうことに。走行1万キロくらいで、赤以外のもの、という条件で検索してもらいました。レッドバロンの全国の在庫でもこの条件でたった2台しかありませんでした。やっぱり玉数、少ないのね・・・。
黒とシルバーの2台。黒のほうはハンドルやらマフラーやら多少いじってる感じ。シルバーは立ちごけでウインカーの付け根が割れているが、修復してあまり目立たないらしい。マフラーにも少し擦り傷があるそうで。写真で見る限り、全然わからないんですけどね。
これも、現車を取り寄せてもらうことにしました。来週中には見に行けるかな。
すでに8年前に生産の終わったバイク、傷があるのは致し方ないことです。カウルはたぶん自分でもこけて傷つけそうですし・・・。いざとなればFZS1000のカウル付ければいいし。ミラーやウィンカーだって替えればいいだけのこと。それ以外の部分がしっかりしていれば、レッドバロンで検索してもらったFZは買いかな、と思います。
さーーーて、どんなバイクかな。しかし考えてみると、以前見に行ったFZ、程度良かったな・・・。あの時買っていればよかったのかもしれない・・・。
本日の走行距離:214km(2日分)
積算走行距離  :1571km
給油        :8.0リットル