真田幸村博・自衛隊車両展示

真田幸村博のほうはたいしたことなかったので、今回は陸上自衛隊の車両展示をUPすることにしました。
陸自は伊丹の第36普通科連隊の皆様でした。ここはヘッドマークが真田幸村の兜がモチーフなので、今回車両展示をしたのかも(^.^)

001 004
左:高機動車。  右:高機動車の後部座席。長距離は乗りたくない感じ(^_^;)

002 003
高機動車の運転席。ハンドルを見ればトヨタ製なのがわかりますね。オートマでラジオ付ですがエアコンは無し。
車両価格は約700万円弱。民生のメガクルーザーのほうが高いのは快適装備の差なのかな?

005  006
軽装甲機動車。小松製作所製で車両価格は約3000万円。フェラーリより安い?(^.^)

007  008
1/2tトラック。ベースは三菱パジェロ。

011 012
左:運転席。エアコン、ラジオ、オートマと快適に運転できそう(^.^)
右:リアシートは2人掛け。

010
補助シート含めて定員6名。このシートも長時間乗りたくないわ(^_^;)

013
真田幸村隊とコラボ。まさにリアル戦国自衛隊(^.^)

働く車はやっぱりかっこいいなぁ。プラモ買ってこよう\(^o^)/

近江鉄道ミュージアム

彦根駅に鉄道の博物館があることを知りました。その名も「近江鉄道ミュージアム」。近江鉄道に関する資料、車両等を展示しているそうです。
どんな博物館だろうと調べてみたら、月に一、二回、しかも冬期は休館しているという意外とレアな博物館であることがわかりました。
せっかくなので、駅の外から写真を撮とることにしました。
001_20121129212714.jpg  002_20121129212717.jpg
左:彦根駅の2階から。資料館は、旧変電所だった建物を改装して作られたそうです。
右:モーターカーとワ34形。ワ34形は1923年に製造された有蓋貨車で、主に救援用として使用されたとか。
003_20121129212718.jpg  004_20121129212720.jpg
左:ED14形。写真は国鉄時代の茶色に復刻された4号機。
右:ロコ1100形。阪和電気鉄道の車両で1930年に1101号の1両のみ製造されました。
005_20121129212721.jpg  006_20121129212754.jpg
左:左からED31形(3号)、ED14形(1号、2号)。
右:近江鉄道500系電車。
007_20121129212755.jpg  008_20121129212757.jpg
近江鉄道800系電車。現在の近江鉄道の主力車両です。
009_20121129212758.jpg
西武101系電車。2009年に269編成と291編成のクモハ291が譲渡されました。
また春あたりに、開館日にあわせて彦根に来ようかな。近江鉄道も一回は乗ってみたいなと思う(^.^)

福井・寺攻め城攻め その1(乗り物編)

9月は有休消化月間。今持っている有休は10月までに使い切らねばいけません。ということで、先日宣言した現存12天守制覇計画を実行!
今回は福井の丸岡城を攻めます。最期の最後までクルマか電車かで悩みましたが、えちぜん鉄道の存在を知り、電車で行くことに決定。
まずは第一弾として、恒例の乗り物編。こちらがメインといっても過言ではなかったり(^_^;)
001_20120922012003.jpg  002_20120922012005.jpg
大阪から乗ったサンダーバード。7時9分発ということもあって、出張リーマンだらけの自由席(^.^) ちなみに福井に着く前に先頭車両まで移動し、降りたと同時に左の写真を取りました。
003_20120922012006.jpg  004_20120922012007.jpg
左:越美北線のキハ120系。  左:北陸本線の521系。
005_20120922012007.jpg  006_20120922012046.jpg
左:北陸新幹線の建設が進むJR福井駅。
右:新幹線の高架とチケット売り場の裏でめだたない、えちぜん鉄道福井駅(^.^)
007_20120922012046.jpg  008_20120922012047.jpg
ホームに電車を待つ恐竜人がいました(^.^)
009_20120922012047.jpg  010_20120922012048.jpg
左:阪神5101形の車体を利用して更新されたMC1101系。今は1102のみが元気に走っています。
右:現在のえちぜん鉄道の主力、MC6001系。
011_20120922013128.jpg  012_20120922013129.jpg
MC6001系の車内と運転席。
013_20120922013129.jpg  014_20120922013130.jpg
左:めっちゃオープンな運転席だこと(^.^)
右:越前鉄道といえばアテンダント。こっそり隠し撮りしてみました(^_^;) ONとOFFの差が激しいアテンダントでしたが、実は結構タイプだったりして(^.^)
015_20120922013130.jpg  016_20120922013216.jpg
永平寺口駅の木造駅舎は国の登録有形文化財に指定されています。
017_20120922013216.jpg  018_20120922013217.jpg
左:鉄道以外の移動は、京福バスを利用しました。
右:福井市街地で路面電車が走ってました。これは名鉄モ770形電車。その名のとおり、名鉄で2005年まで使用されていたのを福井鉄道に譲渡されました。
019_20120922013217.jpg  020_20120922013218.jpg
左:こちらは名鉄モ800形電車。同じく名鉄から譲渡されました。
右:帰りの福井駅で見た特急しらさぎ。683系のサンダーバードは青い帯、しらさぎは青とオレンジ色の帯で区別がつきます。
乗り物編はこれで修了! 本編はまた後ほど\(^o^)/

しょうちゃんの一足早い夏旅行(長野・東京) プロローグ 

行ってきました、長野・東京。3日間はあっというまでした。写真もバカバカ撮りまして、何枚撮ったか数えるのも嫌なくらい(^.^)
おいおい、旅の中身はUPしていくこととして、まずは乗り物写真なぞを少しばかり。初めて乗る電車はわくわくするのだ(^.^)
001_20120715211010.jpg  002_20120715211010.jpg
名古屋から乗った特急「しなの(383系電車)」。先頭はグリーン車でしたが、誰も乗ってませんでした。見晴らしが最高です。
003_20120715211011.jpg
名古屋駅で見た関西本線の313系電車。
004_20120715211012.jpg  005_20120715211012.jpg
松山~下諏訪間で乗った特急「あずさ(E257系電車)」。意外とゆれた気がする(^_^;)
006_20120715211209.jpg  007_20120715211209.jpg
左:下諏訪~茅野間で乗った普通電車(国鉄115系電車)。1000番台は多雪地域で使用するため耐寒耐雪構造を強化した区分だそうです。
右:茅野駅で見た普通電車。扉が2つなので、多分213系だと思います。
008_20120715211210.jpg  009_20120715211210.jpg
茅野~新宿間で乗った特急「スーパーあずさ(E351系電車)」。グッドデザイン商品に選ばれただけあってかなりのかっこよさ(^.^)
010_20120715211211.jpg
お台場へ行くときに乗ったゆりかもめ。新交通システムなので無人運転です。
次回から本編へ突入。まずは1日目の長野編。お楽しみに(している人がいればですが(^_^;))

新造船「すずらん」 船内特別見学会 その1

連れの母が名前を使って勝手に申し込んでいたという、「新日本海フェリー:新造船「すずらん」 船内特別見学会」。行くかと聞かれたら、二つ返事で「行く!」と言うに決まってます(^.^)
普段、めったに見る事も乗る事もないカーフェリー、しかも新造船の見学なんてもっとレアな体験。これはもう乗船前からワクテカでした(^.^)
001_20120616225651.jpg  002_20120616225652.jpg
これが「すずらん」。でかいです。城のようです。まっさらなのでまぶしいくらいです。
ちなみに主要目は、全長:224.5m 全幅:26.0m 総トン数:17,382t 最高速度:30.12ノット 旅客定員:613名 車両積載台数:トラック158台 乗用車58台。
航路は、敦賀~苫小牧。乗船時間は、直行便で19時間30分。
003_20120616225653.jpg  004_20120616225654.jpg
左:ロビーが吹き抜けになってます。   右:通路だけ見たらホテルのようですね。
005_20120616225656.jpg  006_20120616230005.jpg
左:一人部屋の「ツーリストA」。TVもありました。料金は9,300円~15,900円。
右:対面式ベットの「ツーリストS」。料金は15,500円~20,900円。
007_20120616230007.jpg  008_20120616230008.jpg
フォワードサロン。展望台みたいなもんですね。景色いいですわ。ゆったりとしたソファに座ってくつろぎたいです(^.^)
009_20120616230009.jpg  010_20120616230010.jpg
左:畳の匂いがする「ステートルームA(和室)」。料金は19,500円~26,900円。
右:こちらは「ステートルームA(洋室)」。料金は同じ。
011_20120616230047.jpg  012_20120616230048.jpg
かなり広い、「ジュニアスイートルーム」。さすがはスイート、ベットのつくりがぜんぜん違う(^.^)
013_20120616230049.jpg  014_20120616230050.jpg
「ジュニアスイート」だと、バスも立派。そしてテラスまであります。料金は41,000円~45,000円。
015_20120616230051.jpg  016_20120616230128.jpg
さらにランプアップの「スイートルーム」。広さは段違い、ベットも段違いに立派。ああ、寝そべりたい(^.^)
017_20120616230129.jpg  018_20120616230130.jpg
さすがは「スイートルーム」。バスはまるで露天風呂。もちろんテラスもあります。料金は49,500円~52,500円。
019_20120616230131.jpg  020_20120616230132.jpg
十分立派なデラックスルームA(洋室)。料金は28,500円~36,500円。
写真いっぱい撮りましたので、まずはここまで。その2で終わるのかなぁ?(^_^;)

鉄道写真いろいろ

たまーに、ホームで来た電車なんかを手持ちのコンデジで撮ったりします。あまりたいした写真はないですが、ちょっとばかりUPします。
まぁ、素人の撮った写真ですので、細かいつっこみは無しということで・・・・(^_^;)
001_20120603114600.jpg  002_20120603114601.jpg
左:ダイヤ改正で定期列車ではなくなった、寝台特急「日本海」
右:サンライズエキスプレス。
003_20120603114602.jpg  004_20120603114603.jpg
橿原線で撮りました。踏切は唐招提寺の近くで、遠景は西ノ京~尼ヶ辻間だったはず(^_^)
005_20120603114604.jpg
2両編成の近鉄特急。短くて笑えた(^_^)
006_20120603114810.jpg  007_20120603114811.jpg
左:JR四国のキハ47。徳島駅にて。
右:左から、キハ185、1000系、キハ47。徳島駅にて。
008_20120603114812.jpg  009_20120603114813.jpg
徳島城内に保存されている、8620形蒸気機関車(ナンバー68692)。ちょっと傷みが進んでいるようです。
以上、お粗末さまでした(^_^)

御堂筋のマクラーレンショールームに行ってみた

御堂筋フェスタへ行こうと、御堂筋を南下していたとき、道路向かいのショーウィンドーをふと見たら、なんとフォーミラーカーがあった。
これはなんだと、蜜に吸い寄せられるようにその店に入ってみたら、そこはマクラーレンのショールームでした。
001_20120513211236.jpg  002_20120513211237.jpg
これは・・・・マクラーレンMP4/4ではありませんか!! 
しかもこのマシンは、1988年F1シリーズの開幕戦ブラジルグランプリでアイルトン・セナが実際に使用したもの!!!
003_20120513211238.jpg
コクピット。ここにセナが座ってたんだと思うと・・・・涙が・・・・。
ショールムームの主役は、市販のスーパーカー、マクラーレン MP4-12C。間近で見るスーパーカーにテンションMAX!
004_20120513211239.jpg  005_20120513211240.jpg
なんというかっこよさ(^.^) ちなみに主要スペックは以下のとおり。
全長×全幅×全高=4507×1909×1199mm
ホイールベース=2670mm 車重=1336kg 駆動方式=MR
3.8リッターV8DOHC32バルブターボ(600ps/7000rpm、61.2kgm/3000-7000rpm)
006_20120513211554.jpg  007_20120513211555.jpg
左:おお、ガルウィング。
右:コクピット。一度でいいから座ってみたい(^.^)
008_20120513211556.jpg  009_20120513211557.jpg
左:正面。迫力あるなぁ。
右:エンジンルーム。600psってどんなんなんだろ? 1-100km/hの加速はなんと3.1秒だそうだ。想像がつきません(^.^)
010_20120513211558.jpg  011_20120513211606.jpg
ベアシャシー(むき出しのシャシーのこと)まで展示してありました。これでご飯3倍は食べられる(^.^)
最高速度は330km/h、0-100km/h加速は3.1秒を誇るスーパーカーのお値段は、
たったの2790万円
サマージャンボ当たったら買おうっと(^.^)
御堂筋には、フェラーリとベントレーのショールームもオープンしていました。
ベントレーは入りずらそうだったので、フェラーリのショールームは入店してスーパーカーを堪能してきました。
マンション1件と同じ値段の車・・・すごいとしか言いようないです(^.^)

鉄道博物館展示車両 その4 「7100形式蒸気機関車と開拓使号客車」

「7100形式蒸気機関車 車号7101(1880年製造)」
「7100形は、1880年(明治13年)の北海道初の鉄道(官営幌内鉄道)の開業にあたり、アメリカから輸入された蒸気機関車である。
この機関車は、番号の他に歴史上の人物(北海道絡みが多い傾向)にちなんだ愛称を付されていることでも知られ、1 – 6には番号順に、「義經(義経/よしつね)」、「辨慶(弁慶/べんけい)」、「比羅夫(ひらふ)」、「光圀(みつくに)」、「信廣(信広/のぶひろ)」、「しづか(静/しづか)」と命名されている(1889年製の2両は無名)。これは、当時のニューヨーク領事であった高木三郎の意見によったものといわれている。
西部劇から抜け出てきたような、アメリカの古典的スタイルの機関車で、その愛称とともに日本の古典蒸気機関車の代表格として親しまれている。」(Wikipdiaより)
001_20120331095536.jpg  002_20120331095537.jpg
左:この機関車は「弁慶号」。カウキャッチャーがとってもアメリカン。これも鉄道記念物。
右:運転室。こちらもアクリ板越しの撮影。
003_20120331095538.jpg
炭水車。炭水車(テンダー)とは、蒸気機関車が使用する燃料や水を積載した車両のことです。
「開拓使号客車 車号コトク5010(1880年製造)」
「開拓使号客車(かいたくしごうきゃくしゃ)は、1880年(明治13年)に開業した北海道で最初の鉄道である官営幌内鉄道で使われた開拓使等の政府高官専用の特別客車である。アメリカのハーラン・アンド・ホリングスワース(Harlan and Hollingsworth)社で製造されたものである。」(Wikipediaより)
001_20120331095617.jpg  002_20120331095617.jpg
左:1966年(昭和41年)に復元工事が行われました。復元工事に先立つこと1961年(昭和36年)に「鉄道記念物」の指定を受けました。
右:車内。さすがは最上級車ですねぇ。テーブルクロスもクロスシートのモケットも高級感あります。
003_20120331095618.jpg
このシートに座ってみたいですねぇ(^.^)

鉄道博物館展示車両 その3 「1290形式蒸気機関車」

「1290形式蒸気機関車 車号1292」(1881年製造)
「1290形は、かつて日本国有鉄道の前身である鉄道院に在籍した、タンク式蒸気機関車である。1875年(明治8年)及び1882年(明治14年)に、鉄道建設工事用にイギリスから輸入された蒸気機関車(バラスト・エンジン)で、計3両が輸入された。
1873年製の2両は官設鉄道において使用されたが、1881年製の1両は日本鉄道に引き渡され、建設工事に使用された。日本鉄道に行った1両は、官設鉄道の新橋工場で組み立てられ、現在の埼玉県川口市の善光寺(長野の善光寺の末寺)付近まで運ばれて、そこで陸揚げされたことから、「善光」(ぜんこう)の愛称が与えられている。」(Wikipediaより)
  002_20120212000037.jpg
左:鉄道記念物に指定されています。鉄道記念物とは、日本国有鉄道(国鉄)が1958年(昭和33年)に制定した、日本の鉄道に関する歴史的文化的に重要な事物等を指定して保存、継承するための制度、あるいはその制度により指定された事物等をいう、とWikipediaにありました。
右:運転室は、アクリル板越しなので、写真を撮るのは難しいですね。真鍮のゴールドがまぶしい(^.^)