APE100 カスタマイズ第13弾・貫通マフラー+キャブセッティング

入口だけ広げても、出口がそのままだとふん詰まり感があるのは否めません。吸気系、点火系と一通りやってきたので次は排気系ということになります。てっとりばやいのは社外マフラーに交換することですが、その前にやってみたいことことはあります。それは「貫通マフラー」と呼ばれるチューン。
これは純正マフラー内部にドリルで穴を開けて抜けを良くするという、ローコストで効果が高い(貧乏チューンとも言う(^^ゞ)理想的なチューンです。
排気口から18cm奥にある隔壁に穴を開けるために、長さ200mm、5.5mm径のロングドリルを用意します。これで、3ヶ所穴を開けました。その後、ヤスリで穴を広げます。ネット情報では12mmの穴を開けるそうですが、推定で6.5mm×3も開けてあります。何の考慮も無く、えいやっとやってしまいました(^^ゞ
20060728234758.jpg 20060728234830.jpg 20060728234810.jpg

出口を広げたので、キャブのセッテイングを変更しなくては貫通マフラーの真の効果を試すことが出来ません。ネット情報ではメインジェットを♯85、ジットニードル4/5位置、エアスクリューはノーマル値でOKということなので、まずこの数値にあわせてみることにします。
20060728234931.jpg 20060728235007.jpg
キャブ内のガソリンを抜いて、キャブを外し、キャブレータトップをプライヤーで回してスロットルバルブを抜きます。
20060728235017.jpg 20060728235103.jpg 20060728235114.jpg
ジェットニードルを取り外して、クリップを4/5の位置へ。この辺のパーツ、あまりに小さいのでなくさないよう注意してください。特にクリップはニードルにはめるとき結構硬いので、ピョーーーンと飛ばしてしまう可能性大です。わたしも飛ばして無くしたか!とドキッとしましたもん(^^ゞ
メインジェットも、以前交換した#75→#85へ変更。これでアクセル開度1/4回から全開域まで燃料を濃くできたはずです。
で、作業完了。さっそくエンジンをかけてみます。しばらく乗っていなかったのに、2、3回のキックで始動。アイドリングもかなり安定している感じ。この辺は同時に換えたプラグの効果かもしれません。
エンジンは明らかに元気になってます。アイドリングの排気音も大きくなりました。走ってみてですが、かなり抜けがよくなったのが分かります。排気音、吸気音とも依然と比べてかなり大きくなり、エンジン回してる!!って感じが出てとっても楽しいです。
以前より一段落としても十分なくらいになりました。4速で走っていたところが、3速でも十分いけるようになったというイことです。全域でトルクアップ、最高速も伸びたみたいです。当然加速もかなりよくなりました。
ネットの情報では、排気が衝突してペキペキ音がして、加速時には高音の下品な音「パパパパパパァ!」とか「ペケペケペケペケェ!」がするとのことでしたが、6.5mmの穴を3ヶ所開けたおかげか、そんな音は一切無し。低音の「ババババババッ!」という排気音だけが聞こえるのみです。
このチューンが一番体感できました。やる前までは結構不安でしたが、やってみてここまで満足するとはちょっとした誤算だったりします(^.^) でも・・・ぶっちゃけ、ここまで最初からノーマルでもやっていてくれよ・・・とも思うんですけどね。

APE100 カスタマイズ第12弾・バージョン5 アルミナンバープレート

性能アップには何ら寄与しない見た目だけのパーツです(^^ゞ
20060715014100.jpg
ナンバープレート周りが寂しいなぁ・・・と思って取り付けました。色にはこだわってブルーをチョイス。ナンバーの角度を替えられますが、テールランプに干渉するのでそれはできませんでした。ま、跳ね上げてナンバーを見えなくする・・・というようなことは元からする気はありませんので、いいんですけどね。

APE100 カスタマイズ第11弾・タケガワ ハイパーC.D.I

yahoo!オークション落札3点セットの最後を飾るのが、このCDIです。実はいまいち、CDIについてよくわかってないのですが、点火系のカスタムで一番効果がありそうな気がします。点火時期とかも調整できるタイプもあるようですが、タケガワのものはそういうのは無しのポン付けタイプです。
20060710210012.jpg
せっかく電装プレートを付けたので、それに固定。純正位置に取付けるよりはしっかりと固定できますね。
さて、プラグコード、アース、CDIの3点を同時に装着してどうなったか、インプレッションしてみしょう。
CDIが換わったのが一番の原因なのか、エンジンの始動が悪くなりました。点火時期が変わったからかもしれません。とにかく、朝一の始動に、キックを10回くらい、その後もエンジンが温まるまではアイドリングがばらついているような感じで、信号待ちなんかで停まるとストールすることがかなりあります。
しかし、いったんエンジンが温まってしまえば、エンジンはさらにパワフルになった感じがします。トルクが確実に上がってます。最高速は多分変わらないと思いますが、加速感は若干向上しましたね。
ハーフスロットル時に、少し薄いかなという気がします。次にカスタムするときはキャブをもう一回ちゃんと調整しないといけませんね。それに、この始動性の悪さをなんかしないと、朝急いでいるのにエンジンかからなくていらいらしそうですし・・・。

APE100 カスタマイズ第10弾・CF POSH レーシングイグニッションコイル+テイラー

これも落札した電装系パーツ3点セットの一つです。イグニッションコイル、プラグコードを丸ごと交換するというやつですね。プラグアースも付いていて、この辺はノロジーっぽい感じです。
20060709003801.jpg
交換作業は丸ごと換えるだけなので超簡単。プラグアースはアース強化キットのアースと共締めしました。赤色のコイルが自己主張してますが、タンク載せるとまったく見えません(^^ゞ ちなみに点火プラグはノーマルのままです。
当然ながら、これ単体のインプレはできません。3点セットの最後のパーツ紹介でまとめてインプレしますのでお楽しみに。

APE100 カスタマイズ第9弾・CF POSH アース強化キット

yahoo!オークションにて落札した電装系パーツ3点セットの一つです。バッテリーのないAPEにアーシングが効くのか?という気がしますが、3点セット同時に取付けたので、こいつの単品での効果はわかりません。まぁ、だいたいアーシング自体、プラシーボ効果じゃん!って言われていますしね。
20060708123519.jpg
取付けは簡単。ちょっと説明書の写真が不鮮明でわかりにくい部分もありますけどね。青いコードが目立って、なんかいじってるね、このAPEと主張しているようになるのが最大の利点かも(^.^)

APE100 カスタマイズ第8弾・KITAKO 電装プレート

20060701014415.jpg
追加で取り付けるCDIなどの電装系パーツをセットするためのプレートです。ノーマルエアクリーナーBOX取付不可なので、ストリート系チューンには必須なんでしょうね。
このパーツ、安かったから買った(980円)ので、定価では絶対買いたいと思いません。高すぎます。それと、精度が悪すぎ。レギュレート/レクチファイアの固定ボルトが上から突っ込むことができず、仕方なく下から別途長めのボルトで固定せざるを得ませんでした。
ちょっと器用な人なら自作できると思いますね。わたしも安く買わなければ絶対自作したはずです。

APE100 カスタマイズ第7弾・KIJIMA マットガード


エアクリーナーケースを取っ払ったので、必然的に取り付けなければならないのが、このマットガード。これがないと、泥はね等でえらいことになりますもんね。いろんなメーカーから出てますが、正直どこのでもよかったんです。そう思っているところへ、ドライバーズスタンドで半額以下でセールに出されていたキジマのものを見つけたので迷わず買いました。
クリアーとはいえなんかスカスカな感じなので、ステッカーでも貼ってみようかな(^^ゞ

APE100 カスタマイズ第6弾・DAYTONA スーパーパワーフィルター+キャブ調整

パワーブースターでインシュレーターで絞ってあったエア量を増やしました。パワーブースターの効果にも慣れてきたので、次のステップに行くことにします。吸気系のカスタムとして次にできるのは、エアフィルターの交換です。
ノーマルのエアクリーナーケースを取り外します。
20060610231556.jpg 20060610231656.jpg
巨大なケースを取り除くと、かなりスッカスカになります。スカチューンとはよく言ったものですね(^.^) 巨大なだけあって、このケースを取り出すのに一苦労でした。まるでパズルのようで、これだけで1時間近く格闘したような気がします。コツをつかめばするっと簡単に取り出せるんですけどね・・・。
パワーブスター+エアフィルター交換でエア量がかなり増えるので、さすがにノーマルのキャブセッティングでは無理だろうと思い、メインジェットの交換を先に行うことにしました。
20060610231758.jpg 20060610231809.jpg
燃料コックをOFFにして、ドレンスクリュを緩め、中に残っているガソリンを抜いて、キャブを取り外します。こうしないと、キャブばらしたときにガソリンがどばーっと出てきますので、ガソリンは絶対に抜いてくださいね。
キャブの下部(フロートチャンバ)を外し、メインジェットを交換します。マイナスドライバーで簡単に交換できます。純正は#72。これを#75に替えて、エア量に合わせて燃料も濃くしました。
今回取り付けエアフィルターがこれ。
20060610231829.jpg
DAYTONAのやつです。45°の角度がついていて、雨が降っても大丈夫なオールウェザータイプ。ストレートタイプはサイドカバーが付かなくなりそうなので却下。スカチューンはあまり好みではないので、あくまでも純正っぽく。内側に向けて取り付けると、カバーとサスの取付ボルトが当たるので、ゴム(1mm)を緩衝材として貼り付けました。
色は車体に合わせてブルーにしましたが、よーーーく考えたら、サイドカバーしたらまったく見えないじゃん・・・・(^^ゞ
さて、インプレです。もう、最高(^.^)
吸気音がマフラー音かと思うくらいでかくなりました。シュボボボボボと豪快に響きます。カバー付きでこれですからね。回すのが楽しいったら、ありゃしない。
最高速は変わりませんが、さらにトルクが増したようです。ノーマルと比べてもはっきりわかります。上り坂が楽になりましたからね。加速も良くなりました。これまた、回すのが楽しいったら、ありゃしない(^.^)
キャブのセッテイングもほぼ合っているみたいです。アフター・ファイアもなく、息つきなくスムーズにエンジンが回りますね。プラグの焼け具合を見て、また調整はしてみようと思います。
吸気系はまずは終了。次は排気系、マフラーかな。これまた種類が多くて悩むところなんだけどね。

カスタマイズ第5弾・POSH パワーブースター

騒音対策なのか自主規制なのか、キャブのインシュレーターが絞ってあって、それを取っ払うってのがAPEではパワーアップ系カスタムの第一歩のようです。ならしがあらかた終わったら、まずはこれを試してみようとAPE購入してすぐにPOSHのパワーブースターを買って準備してました。
1ヶ月点検も終わり、待ちに待ったパーツを取り付けました。
20060606225012.jpg 20060606230025.jpg
矢印で指し示しているのがインシュレータ。取り外して、パワーブースーターと比べてみると、あまりの口径の違いにびっくりします。1/3ぐらいに絞ってあるんですね。ここまで絞られてたら、パワーが出ないのもうなずけます。
取り付けてのインプレですが・・・・最高速はあまり変わりません。ただ、確実にトルクアップしています。ちょっぴり加速が良くなったようです。それと、吸気音がアップしました。アクセル全開したときの音が元気になって、それが楽しくなったのが一番うれしいところかな(^.^)
インシュレーターを外すだけなら、メインジェットは替えなくてもいいみたいです。実際、それほど不具合が出なかったので、交換しませんでした。

カスタマイズ第4弾・ハードケース取付

フラットなキャリアにこだわった理由、それはハードケースを付けるためだったのです。だから、KIJIMAのやつを選ばなかった理由はそこにあったりします。
通勤スペシャルにするためにはケースは必須です。キャリアにかばんをいちいちネットなんぞで固定する時間が惜しいですからね。ほかの理由としては、レインウェアを常備するにはケースを取り付ける以外にないということかな。実はこれが一番大きな理由かもしれない・・・。
ハードケースといえばGIVIのケースですが、高いので却下。とはいえ、ホームセンターで売っているようなキャリア直付けの物はいやだし。ベースとケースがワンタッチで脱着可能で安いものがいいなぁと思っていたところ、ヤフオクでいいのがあったので喜んで落札しました。
まずはベースから取り付けます。
20060604220944.jpg 20060604220930.jpg
キャリアの幅が狭く、取り付けステーの向きをどうするかで悩みましたが、こうするしかなかったです。右の写真は、キャリアの耐荷重のなさをどうにかしてクリアしようとした苦肉の策。ステンのステーをベースに取り付けて、そのステーとシートの間に2cmのゴムを突っ込んでいます。こうすることで、荷重が少しはシートに逃げてくれるかな・・・・と。なんせベースとケースだけで、キャリアの耐荷重いっぱいいっぱいの重さですもん。当然二人乗りはできませんが、乗せる予定がありませんので、これでオッケー(^_^;)
20060604221000.jpg 20060604221012.jpg
ケースを載せてみたところです。どうですか、ケース浮いてます?(^.^) フルフェイス1個が入るという、ケースでは小さい目のものですが、APEが小さいのでなんと巨大に見えることか。リアビューはハコしか目が行きませんからねぇ。
ケース付けてしまうと、あまりの便利さにもう、ネットでかばんをくくりつけて・・・という生活に戻れません。取り外しできるようにと思ってたけど、取り外してませんし・・・。似合ってないかもしれませんが、ないと不便です。
ただ、あまり重いものは怖くて入れられないです。米10kgなんて入れたら、キャリアがもげそう・・・・ていうか、ぜったいもげますな。