カスタマイズ第8弾・NOLOGY Hot Wires

始動性が少しでも上がるかなと、プラグとセットで取り付けました。チョーク引いてエンジンかけてから走り出せるまでの時間が短縮できたら・・・と思いましたので。始動直後はアイドリングも弱弱しいですから。
20060128015728.jpg
タンクを外して、プラグコードを外します。この後、コードをぶった切ります。純正がぁ・・・などと躊躇してはいけません(^^ゞ
20060128015747.jpg
いきなりですが、取り付け完了です。接続は簡単。ジョイントを使い、ノーマルコードとノロジーを繋ぐだけ。ただ、長さだけは調整しないと取り回しに苦労します。アースが付いてますので、エンジンのヘッドカバーボルトに共締めします。
20060128015834.jpg
タンクを戻して、作業完了。赤いのがそれなりにアクセントになってます。ちなみに、絶縁チューブを収縮させるのがちょっとめんどくさかったですね。ライターでいけるかと軽く考えてたら、ぜんぜんダメ。結局トーチを買いにいくはめになりましたから。
で、インプレッションのほうですが、始動性はよくなったようです。始動時のアイドリングも良くなった感じ。トルクも上がったかな? はっきりと体感できるレベルではないのが残念ですね。フラシーボ効果といわれればそれまでですが・・・。
対費用効果としては、低いでしょうね。プラグはいいとして、ノロジーは高すぎると思います。今回、単気筒なので1本で済みましたが、マルチだと4本いります。そうすると、価格が3万超えます。プラグコードにここまでお金は掛けれません。次のバイクでは絶対自作でやろうと思います。

カスタマイズ第7弾・DENSO イリジウムパワープラグ(IX24)

始動性が良くなるかと思い、ノロジーとセットで取り付けました。よって、プラグのみのインプレッションはできません。ノロジーのほうをご覧になってください。
20060128015738.jpg
左がノーマル、右がイリジウム。ノーマルのほう、どうもかぶっているような感じが・・・。暖機運転の仕方が悪かったのかな。

カスタマイズ第6弾・サイドキャリア装着

ウィンカーを移設すれば、次はサイドキャリアの取り付け。ウィンカー移設とサイドキャリア取り付けは同時に行ったんですが、UPのほうは別々になってしまいました。
サイドキャリア取り付けに際して用意したものは、キジマのパイプクランプ27mm、DAYTONAスティード用サイドキャリア、M6ステンボルト、M8ステンボルト、ワッシャー、圧着スリーブ(中)など。なぜ圧着スリーブを使ったのかは後で説明します。
20051222001822.jpg
まず、パイプクランプをシートフレームに。このクランプ、ゴムの皮膜がついているので、フレームに傷はつけないと思ってチョイスしました。若干、フレームより径が大きいので、きっちり取り付けるためにスポンジの滑り止めを内側に貼り付けてます。
20060128015921.jpg
苦労したのが、取り付けボルトの組み合わせ。ウィンカーステーの固定ボルトはM6、クランプはM10、キャリアはM8。見事なまでにばらばらです。クランプ側はM8ボルトでクランプとキャリアを固定。ウィンカーステー側はクランプ側と高さを揃えるのと、ぐらつきを少なくするため、圧着スリーブをキャリアのボルト穴にカラーのようにして差し込んでM6ボルトで固定しています。さらに、ちょうど面一になるように、ワッシャーを挟み込んで調整しました。ねじ止め剤を塗っていますが、ここは定期的に増し締めしないとボルトが落っこちそうな気がします。
20060128014815.jpg
取り付け完了。純正なんですよ、と言っても通りそうなぐらいフィットしていると思うのはわたしだけでしょうか?

リアから見た全体画像です。いい感じでしょ? サイドバッグがなくても何の違和感もないと思います。
ボルトが合わない!といって、何回ホームセンターにボルト買いに行ったやら。自宅から歩いて5分のところにナフコがあるのでこういうとき便利です。これでサイドバッグを取り付けることができます。はじめからウィンカーの位置を考えていてくれれば、こんな苦労しなくても済んだんですけどねぇ。

カスタマイズ第5弾・リアウィンカー移設

サイドバッグをつけようを思うのですが、ここで邪魔になるのがリアウィンカー。なんでこんな中途半端なところについてるんでしょ?
ということで、ウィンカーの移設をします。ものすごく簡単にできます。用意するものはコードとギボシ端子と圧着ペンチぐらいかな?
20051222001822.jpg
片側が終わったところです。シート外して、ウィンカーステーごと外します。ウィンカーをボルトを緩めて取り外します。汎用のウィンカーステーをナンバープレートステーに共締めして、ここにウィンカーを取り付けました。ちなみにこの汎用ステーはDYTONA製のものです。
20051222001842.jpg
両方終了しました。シート下でウィンカー用の配線がギボシ端子で接続されてますので、そこから延長する形で配線を割り込ませれば簡単です。配線はシートステーにタイラップで留めれば完成です。
20051222001904.jpg
上から見たところです。純正ウィンカーだとやはり出っ張りすぎかなという感じがしますね。
20051222001853.jpg
正面から見るとかなり出っ張ってますね。いずれ、ミニウィンカー等に換えてバランスよくしたいと思ってます。
これで、リアキャリアを取り付けてサイドバックを付ける事ができるようになりました。実はキャリアも同時装着だったのですが、これはまたのちほどUPします。

カスタマイズ第4弾・DAYTONA 電気式タコメーター(9000rpm表示ビンテージ)

やはり、タコメーターがないのは寂しいです。それに、慣らしの目安にもなるので付ける事にしました。
自分でやってみようと、パーツをそろえました。グラストラッカー用のハーネスが使えると言うことなので、電気が苦手なわたしは迷わず購入しました。メーターステーも購入し準備万端です。
20051221001013.jpg
シートを外します。パルス信号をイグニッションコイルの端子から取り出す必要があるので、タンクも外します。タンクは燃料コックをOFFにして燃料ホースを外し、ボルト1本取るだけで簡単に取り外せました。
タコメーターをステーにセットしてから、メーター横のボルトを外して取り付けます。純正ボルトは短くて使えないので、ステンのM6×35のボルトと交換しました。この純正ボルトを外すのが一番めんどくさかったです。ケーブルやらなんやらでナットが回しにくかったので・・・。
20051221001024.jpg
タコメーターのハーネスをヘッドライト内に引き込みます。グラストラッカー用のハーネスを割り込ませます。ばっちり取り付けられました。
20051221001033.jpg
イグニッションコイルにパルス信号取り出しのハーネスを割り込ませます。これも、グラストラッカー用のハーネスを使いましたので、取り付け簡単でした。ハーネスの保護にスパイラルチューブを、防水を兼ねて融着テープを端子に巻きました。
20051221001047.jpg
取り付け完了です。角度的には不満が残りますが、汎用のステーなので仕方ないですね。
うきうきしながら、イグニッションをONにします。自己診断機能なのかいったん振り切って戻るところがかっこいい。エンジンをかけて暖気したあとアイドリングを見ると1300rpmくらいを指してます。
走ってみてですが、振動による針のぶれはないです。だいたい4000rpmでシフトチェンジしていることがわかりました。そして、5000rpmくらいでいきなり振動が増えることもわかりました。なんかこれ以上回したらどうなるだろうという不安にもかられますが・・・。慣らしが終わったら試してみることにします。
タコメーターがあると楽しいですね。エンジンが仕事してるなぁって目でわかりますから。

カスタマイズ第3弾・DAYTONA ブラストバリアー(型番:47621)

20051210230603.jpg

第3弾はスクリーン。やはり風がもろにあたるのははっきり言って初心者のわたしにはきついです。実は一番最初ににつけたパーツがこのスクリーンですからね「。
GIVIとかMRAとかもありましたが、ちょっとでかすぎて雰囲気が合わないので却下。「トコトコ★ST250」というHPで見て、これはいいと思って購入したのがディトナのブラストバリアー。大きすぎず、実に合いそうです。
取り付けはいたって簡単。ヘッドライトステーにスクリーン用のステーをかまして、スクリーン本体を取り付けるだけ。
全体のフォルムからすればちょうどいい大きさだと思います。ただ、面積が狭いので期待するほど、風は防げません。でも、あるのとないのとではやはり違います。
付ける前は60km越えると辛いなぁと感じたんですが、付けた後は70km越えてもそれほどではないですから。
かっこよさも増して、風もある程度防げる、いいパーツ付けたなぁと乗るたびに思います(^.^)

パーツだけが揃っていきます・・・・

大して乗っていないのに、カスタムだけは猛スピードで進んでいっている、うちのST250です。
20051210230616.jpg

ブラストバリアーはすでに装着完了。荷掛けボルト、カーゴフックも装着。
で、次なるカスタマイズ予定はタコメーター、サイドキャリア、ホットワイヤー、ウィンカー移設。
すべてパーツはそろってます。タコメーターはグラストラッカー用のハーネス買いましたので、カプラ-オンで装着できます。タンクを下ろす必要があるのでついでにホットワイヤーも取り付けちゃいます。
でも、これらのカスタムしちゃったらほとんどやることなくなるような気が・・・。

カスタマイズ第2弾・KIJIMA 荷掛けボルト(汎用) 

20051210230517.jpg

後ろはカーゴフックでいけますが、前のほうはまだどこにネットを掛けていいやらわかりません。
KIJIMAのフックが付けられるという情報を、WEBで見つけてこれはいいと思い購入してきました。
サイズは8M×15。たしかにリアシート固定ボルトと同じサイズ。ばっちり付けられました。
これで前方は荷掛けボルト、中央はウィンカーステー、後方はカーゴフックでネットを固定できそうです。
ディバックを背負って運転するのは結構負担かかりますから、これからはリアシートにネットで固定して走ろうと思います。

カスタマイズ第1弾・TANAX MOTOFIZZ カーゴフック 

20051210230501.jpg

荷掛けフックがないST250。ネットフックをどこに掛けていいやらわかりません。
テールランプステーに掛けるのがいいんでしょうけど、ちょっと抵抗があったのでこのカーゴフックを見つけて取り付けてみました。
しっかりボルトを締めるとかなりフックを動かすのに力が要ります。これは動かしているうちに馴染んでくるのかなぁとおもいますが。
リアのアクセントにはなってるかなと思います。