M4シャーマン(初期型)

001 002  004  003
005
 仕様キット  タミヤ M4シャーマン(初期型)  スケール  1/35
 使用パーツ  アベール M4シャーマン戦車 (全キット用)エッチング
ファインモールド M4シャーマン(初期型)用 75mm砲 砲身
ファインモールド アメリカ軍戦車用ペリスコープセット
 完成  2001年12月
 製作記  ありませんm(_ _)m
≪M4シャーマン初期型について≫
第二次大戦のアメリカ陸軍の主力戦車として5万輌近い空前の生産数を記録し、連合軍勝利の原動力となったのがシャーマンシリーズです。車体や搭載エンジンの違いによりより多くのタイプが登場しましたが、M4は最初に制式化されたタイプで、1942年7月から1944年7月までに6,748輌が生産されました。
溶接装甲の車体に航空機用を転用したコンチネンタルR975-C1空冷星型9気筒エンジンを搭載し、350馬力の出力で最大速度は38.6km/h。鋳造砲塔に主砲としてM3型37.5口径75mm戦車砲を装備しています。
M4は1943年5月のイタリア戦線に初登場し、その後もノルマンディー線をはじめヨーロッパすべての戦闘に機甲部隊の主力として参加。攻撃力や機動力などの性能面から、使いやすさと信頼性、量産性の高さといった実用面まで、兵器としてバランスの取れた傑作戦車として活躍したのです。
(パッケージボックス説明より)


二作目の戦車がやっとこさ完成しました。意外とアメリカ戦車って好きなんですよ。ドイツ戦車ほどではないけど、ソビエト戦車よりは好きですねぇ。
このキットはボークスで4割引で売っていたので即買いしてずっと置いてあったんです。どんな風に作ろうかなぁと考えていたところ、お店でいい感じのフィギュアを見つけて、これとベースを付けてやってみるかと思い立ちました。
M4自体はアベールのエッチングを自分の腕で出来るだけ使ってみました。たしかにエッチングの効果は出てますけど、工作自体はキーーーーーーッとなるくらいいやになりました(^.^) なんせ細かいの何の。どうやって瞬着で付けるんだっていう感じのものばかり。近くで見ると瞬着でかなりぐちゃぐちゃになってますが。その他ファインモールドのペリスコープとアルミ砲身を使ってます。
塗装はダークグリーンベースのオリーブドラブで。かなりグリーンなったんできつめにウォッシングして茶色っぽくしました。覆帯はタイガーと同じ塗り方で仕上げました。後はパタパタパステルまぶしてます。埃っぽくしようとパステル付けすぎちゃいました。まだまだウェザリングはうまくいきませんねぇ。まぁ、数こなすしかないんでしょうけど。
フィギュアはバーリンデンのやつでなんかほのぼのしてたんで選びました。初めて油彩に挑戦したんですが、前回とあんまり差がないのは何ででしょうね。これじゃ油彩使っている意味ないじゃん・・・。体のほうはエナメルでやってます。今回唯一満足したのが火をおこしてるドラム缶の塗装です(^.^) かなりいい感じのサビ具合に仕上がりました。アクリル溶剤でパステルを溶いて塗った後、粉のパステルをなすりつけただけなんですけどね。
ベースはお気楽にタミヤの情景シートを使ってます。これをベースと呼ぶにあまりにも手抜きなんですけど・・・・(^.^)
次はもうちょっとうまく作りたいもんです。ビネットにでも挑戦してみるかなぁとも思ってます。やれそうなことはみんな挑戦する意気込みだけはあるんですけど、実践できるかどうかは・・・ねぇ(^.^)
(2001年12月4日完成)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です