RGM-86R ヌーベル・ジムⅢ

GM3_001 GM3_002 GM3_003 GM3_004
GM3_005 GM3_006
 仕様キット  バンダイ MG ガンダムMk-Ⅱ ver2.0  スケール  1/100
 使用パーツ  AKO ホビー ヌーベルジムⅢ改造キット  完成  2018年4月
 製作記  こちらからどうぞ(^.^)
昔々、モデルグラフィックスの作例で見たヌーベルジムⅢ。あまりのかっこよさに一目ぼれ。いずれ作ってみたいと思いつつ時が流れ・・・・、気が付けばヤフオクに改造キットがある時代になりました。
これさえあれば憧れのヌーベルジムⅢが製作できる・・・・。だけど、これは明らかに正規ではない海賊版。これを買うのは自分のポリシーが・・・・迷いながらも結局は落札してました(^.^)

【改造キット】
落札したのはAKO HOBBYというメーカーの改造キット。カメラ用のオーロラフィルム、腰部ミサイル用の金属パーツが附属しています。MG ガンダムMk-Ⅱのキットが別に必要です。
プラパーツの精度は二昔前のレベルかも。結構だるいモールドでエッジも甘い。
とはいえ、レジンキットよりははるかに扱いやすいのは間違いなし。ただし、全パーツの表面の面出し、エッジ修整、スジ彫り彫り直しは必須作業。これが意外と面倒でした(^_^;)

【製作】
改造パーツをいかにキットにフィットさせるか・・・・これに尽きます。元が傑作キットなのでその分改造パーツがかなり浮いて見えますからね。裏打ちも無いパーツばかりで見えないところはとってもすっかすか(^_^;)
頭部は丸まる改造パーツになるのですが、普段のガンプラならクリアパーツであるカメラも思いっきり普通のプラ。塗装でカメラを表現する腕は持ち合わせていないので、今回はヒートプレスによるカメラパーツの透明化にチャレンジしてみました。
最初は透明プラ板でやろうとしてましたがうまくいかず、最終的に厚手のブリスターパックを使うとうまくいきました。

【塗装】
毎回、設定色では塗装しないことをポリシーにやってきましたが、今回はほぼ設定の近似色。
カラーレシピは以下の通り。(C)はクレオス、(G)はガイアノーツです。

 胸・ソール等  ローズブライトレッド(G)
 ボディホワイト1  マーズブライトグレー(G)
 ボディホワイト2  MSホワイト(C)
 バックパック  ミッドナイトブルー(C)
 内部フレーム  ニュートラルグレーⅣ(G)
 シールドフレーム、Eパック  オーシャングレー(C)
 バーニア  焼鉄色(C)
 ビームライフル  本体1:MSファントムグレー(C)
本体2:PLM75グレーバイオレット(C)

【最後に】
なかなかいい仕上がりにはなったと思いますが・・・・今回も、最終組み立てのときにけっこうやらかしております。
一つは、ハイパーバズーカのアトハメ加工を間違えてて結局組み立て不可になったこと。
もう一つは、関節部をマスキングせず塗装したため、はめ込みがめちゃくちゃ固くなって、ガシガシやっているうちにけっこう色ハゲ・・・・(^_^;)

やはり、数年スパンでて製作していると腕がどんどん鈍っていきますね・・・・。

Posted by syochan